韓国旅行「コネスト」 北朝鮮の開城遺跡、ユネスコ世界文化遺産に登録。韓国の政治ニュース
KONEST

北朝鮮の開城遺跡、ユネスコ世界文化遺産に登録

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
恭愍王陵(コンミンワンルン)や開城南大門(ケソンナムデムン)などを含む北朝鮮の開城一帯高麗時代遺跡がユネスコの世界文化遺産に登録された。ユネスコは23日、カンボジアのプノンペンで開かれた第37回世界遺産委員会(WHC)で、北朝鮮が申請した“開城歴史遺跡地区”の世界遺産登録を確定した。北朝鮮は2004年に登録された“高句麗古墳群”に続き2つのユネスコ世界遺産を保有することになった。

今回登録された開城歴史遺跡地区は、開城城壁の5つの区域、満月台(マンウォルデ)と瞻星台(チョムソンデ)遺跡、開城南大門、高麗成均館(コリョソンギュングァン)、崇陽書院(スンヤンソウォン)、善竹橋(ソンジュクギョ)と表忠閣(ピョチュンガク)、高麗王陵(コリョワンルン)などが含まれる。王陵には王建陵(ワンゴンルン)や恭愍王陵、高麗29代忠穆王(チュンモクワン)の墓である明陵(ミョンルン)、墓主が明らかでない墓郡の七陵群などを含む。ユネスコは「開城歴史遺跡地区は、高麗王朝の支配根拠の地を代表する遺産で構成される」として「この遺産は統一された高麗王朝が思想的に仏教から儒教までの時期の政治・文化・思想的価値を内包している」と評価した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年06月24日 08:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]