韓国旅行「コネスト」 ロッテ百貨店「日本人はルイ・ヴィトン、中国人はMCMが好み」。韓国の経済ニュース
KONEST

ロッテ百貨店「日本人はルイ・ヴィトン、中国人はMCMが好み」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「日本人はルイ・ヴィトン、中国人はMCMが好き」。ゴールデンウイーク期間中に韓国を訪れた海外のショッピング客のうち中国人は“MCM”などの新興名品ブランドに、日本人は“ルイ・ヴィトン”など伝統的な名品ブランドに財布のひもを緩めていたことが明らかになった。

ロッテ百貨店が、休日の続く日本のゴールデンウイーク(4月27日~5月6日)と中国メーデー連休(4月29日~5月1日)の間の外国人観光客の購買パターンを分析した結果、中国人と日本人がブランドを選り好む現象が続く中で、中国人は特に韓国ブランドの購買比重が高いことが分かった。

中国人が主に使うクレジットカード・銀聯カードの購買件数のうちで、最も多く購買価格が発生したブランドは韓国の雑貨ブランド“MCM”だった。“MCM”は中国人の売り上げ中10%も占めた。引き続き“カルティエ”“ヴァシュロン ・ コンスタンタン”などの貴金属、時計分野で名品に数えられるブランドが後に続いた。このほかにも“モジョエスフィン”“ジゴット”“オッズセカンド”など韓国のファッションブランドが中国人の購買が多い上位ブランドとして確認された。

それに比べ日本人が多く使うJCBカードの購買実績を分析してみると“ルイ・ヴィトン”を最も多く買ったことが分かる。“ルイ・ヴィトン”は日本人の購買客売り上げ中11%にもなった。これに続き“カルティエ”“プラダ”など伝統的な海外名品ブランドの購買価格が高かった。

一方、円安現象で日本人顧客の売り上げが前年に比べて減少したが、外国人売り上げの70%を占める中国人ショッピング客が売り上げを上げて、外国人の小売の売上高傾向を導いた。全店舗基準のJCBカード売り上げは昨年同期に比べて23.8%も減ったが、中国銀聯カードの売り上げは143.8%も伸びて全体的に外国人売り上げが全店舗基準で49.7%伸びた。

ロッテ百貨店のパク・チュングマーケティングチーム長は「今回の外国人ショッピング特殊期間には、中国人と日本人の小売の売上高傾向が明確に分かれ、国別の選好ブランドの違いも目立った」として「各国別の購買志向が多様化しているだけに、オーダーメード型サービスを持続的に開発していくつもり」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年05月08日 14:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]