韓国旅行「コネスト」 「顔を赤らめて、あるいは隠密に…」春画で垣間見る日本と中国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「顔を赤らめて、あるいは隠密に…」春画で垣間見る日本と中国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
春情の季節だ。日本の彩色木版画である浮世絵の大家・葛飾北斎(1760-1849)は男女間の性愛を素材にした絵、春画においても有名だった。

例えば彩色版画12枚を集めた画集『つひの雛形』は当時、街じゅうが大騒ぎになるほどヒットした商品だった。愛を分かち合う男女の赤裸々な姿はもちろん、衣服や家具、季節をあらわす各種小道具まで細部にわたって描写した秀作として数えられている。

ソウル平倉洞(ピョンチャンドン)の花井(ファジョン)博物館は、日本と中国の春画代表作60点余りを紹介する『LUST(情欲)2』展を9月29日まで開催している。2010年にも同博物館で開かれた『LUST』展の続編だ。

北斎の作品はもちろん、彼の後輩格である浮世絵作家・喜多川藤麿の画集『春情諸色』などが紹介されている。蚊帳の中で愛を分かち合う男女の姿など当時の生活像を読み取ることができる作品だ。

日本の春画が性器などを直接的に描くならば、中国の春画は周辺の花や木などの景色描写を通じて隠密な雰囲気を強調したのが特徴だ。

作者未詳の清代の春画を集めた『春宮画帖』には、男が女の足をさわる姿など情事の場面を隠喩的に表現した作品が多い。そのほかにも扇子に春画を描き入れた『春宮画摺扇』、貝の内側に絵を描いた金地春画文貝などが展示される。19歳未満観覧不可。5000ウォン(約446円)。問い合わせ02-2075-0124。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年04月25日 16:21
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]