韓国旅行「コネスト」 不況にもコーヒーは手放せず 売上高急増=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

不況にもコーヒーは手放せず 売上高急増=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】不況にもかかわらず韓国ではコーヒーチェーン店の売り上げが昨年大幅に増加したことが12日、分かった。

 韓国金融監督院の電子公示システムによると、スターバックスコリア、カフェベネ、コーヒービーンコリア、ホリーズコーヒー、トムエントムスコーヒー、コフィングルナルの6大コーヒーチェーンの昨年の売上高は合計8937億ウォン(約787億1400万円)で、前年(7432億ウォン)に比べ20.3%増加した。

 売上高を各社別にみると、トップはスターバックスコリアで前年比31.1%増の3910億ウォン。増加幅も最も大きかった。次いで、カフェベネが同25.5%増の2109億ウォン、コーヒービーンコリアが同3.1%増の1379億ウォン、ホリーズコーヒーが同4.0%増の649億ウォンの順。コフィングルナルはほぼ前年並みの232億ウォンだった。

 不況で消費が低迷する中、売上高が20%以上増加したのは、コーヒーの消費が一つの文化として定着し、コーヒー産業が持続的に成長を続けているためとみられる。

 一方で、チェーン店の競争が激しくなるにつれコストも上昇し、収益を圧迫している。スターバックスコリアの昨年の営業利益は248億ウォンで前年比6.9%増にとどまった。ホリーズコーヒーは同22.4%増の71億ウォン。コフィングルナルは8億ウォンで前年より2億ウォン増加した。カフェベネは101億ウォンで同40.2%減、コーヒービーンは52億ウォンで同51.4%減、トムエントムスコーヒーは64億ウォンで同11.1%減となった。

 韓国市場では、これら6大チェーンのほか、エンジェル・イン・アス・コーヒー、ツーサムプレイス、カフェドロップトップなどが追撃に出ている状況だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年04月12日 11:25
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]