韓国旅行「コネスト」 日本ドラマリメーク作『職場の神』、月火ドラマ視聴率で首位に。韓国の芸能ニュース
KONEST

日本ドラマリメーク作『職場の神』、月火ドラマ視聴率で首位に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本ドラマ『ハケンの品格』の韓国版『職場の神』のキム・ヘスが、地上波3局の月火ドラマ戦でまずは勝利した。

8日放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『職場の神』は、12.3%(ニールセンコリア、全国基準)の視聴率を記録した。先週放送された第2話よりも3.6%ポイントも上昇した数値で、放送開始後初めてトップに立った。キム・テヒとユ・アインが共演しているSBS(ソウル放送)の『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』は11.3%の視聴率を記録した。MBC(文化放送)の『九家の書』は『張玉貞』からわずか0.1%ポイント遅れる11.2%の視聴率で惜しくも最下位を記録した。

『職場の神』は、今月1日の初放送からサラリーマンの共感を呼ぶ内容で好評を得ている。劇中キム・ヘスは、スーパー契約職のミス・キム役を熱演し、正社員の上司の前でもひるむことなく堂々とした姿で話題を集めた。8日の放送では、海女の姿で漢江(ハンガン)に飛び込むシーンで名品級のグラマラスボディーを惜しみなく披露し、視聴者の視線を釘付けにした。キム・ヘスを間に置いたオ・ジホ(キュジク役)とイ・ヒジュン(ジョンハン役)の三角関係も見所だ。

初放送で登場人物とドラマ背景の紹介に終始した『張玉貞』と『九家の書』は、第2~3話から本格的な反撃に出る予定だ。『張玉貞』は2話まで子役俳優がキム・テヒとユ・アインらの幼少時代を演じている。男女主人公のイ・スンギとスジがまだ登場していない『九家の書』も、スピーディな展開と異色の素材で逆転を狙っている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年04月09日 16:17
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]