韓国旅行「コネスト」 殺人まで招く“仲間はずれ”、韓国会社員13%が「被害」(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

殺人まで招く“仲間はずれ”、韓国会社員13%が「被害」(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウルでスポーツセンター講師として勤めていたAさん(32、女性)は昨年1月“適応障害”症状が出て7カ月間仕事を休まなければならなかった。職場上司との争いで解雇され、復職以降に始まった同僚の行動のためだった。Aさんは「同僚職員は言葉さえかけてこなかったし、センターの会員たちも授業を拒否した」と話した。Aさんはしばらく家と病院を行き来して精神科治療を受けた。勤労福祉公団はAさんの陳述と症状から見て、適応障害が職場生活と関連があると判断して産業災害と認定した。

集団構成員から仲間はずれの扱いを受ける“いじめ”は、必ずしも学校だけで起きるのではない。会社員も例外ではない。ただし、なかなか表面に出てこない。だがアンケート調査をしてみると職場内の仲間はずれが意外に深刻だということが分かる。韓国職業能力開発院が2008年(会社員193人)と2010年(454人)に調査をした結果、会社員の13%程度が自ら「職場で仲間はずれにされている」と感じていることが明らかになった。

このため時々極端な事件が起きる。仲間はずれにされたと信じる人々が、同僚に攻撃的性向を見せるのだ。2日、慶南道昌原(キョンナムド・チャンウォン)のある生産会社に勤めていたB氏(45)は「なぜいつも私をいじめるのか」と、職場同僚のC氏(51)を刺し殺してしまった。だが事件現場に一緒にいた会社同僚は「年齢が50にもなった人が何のいじめをするものか」として「B氏が一度話を始めると、本人の話だけを並べ続けるから対話が難しかっただけで、わざと締め出したことはない」と話した。警察はB氏を拘束して正確な原因を調べている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年04月08日 15:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]