韓国旅行「コネスト」 パナソニックがプラズマテレビ撤退、LCD生産減らし韓国から調達。韓国の経済ニュース
KONEST

パナソニックがプラズマテレビ撤退、LCD生産減らし韓国から調達

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本の大手電子メーカーのパナソニックがテレビ事業を大幅に縮小する。来年までにプラズマテレビ事業から完全に撤退し、液晶テレビの生産は続けるがパネルは自社生産を減らし70%以上を韓国と台湾のメーカーから調達する方針だ。

次世代テレビと呼ばれる有機発光ダイオード(OLED)テレビも来年の製品発売を目標にするが、自主開発の代わりにソニーなどとの共同事業に切り替える。日本経済新聞は18日、パナソニックがこうした内容を盛り込んだ中長期経営計画を28日に発表する予定だと報じた。

計画通りに構造調整が進められるとパナソニックのテレビ売り上げは最も多かった2009年の1兆円水準から2015年には半分以下に縮小される。パナソニックはプラズマテレビの新規開発をすでに中断しており、来年には尼崎工場のプラズマテレビ生産を終了する。

日立が2008年にプラズマテレビ生産を中断したのに続き翌年にパイオニアを買収したパナソニックまで事業から撤退し日本からプラズマテレビ製造業者が消えることになる。2000年代半ばまでパナソニックは世界のプラズマテレビ分野で1位の座を守った。

LCDに集中したシャープやソニーとともに薄型テレビ市場で「トップ3」を守った。だが、2007年以後韓国のサムスン電子とLG電子が高価市場を中心に急成長し、中国企業が低価格戦略でシェアを伸ばし厳しい状況だった。

昨年はテレビ市場でのシェアが5%台まで転落し5位に落ちた。パナソニックは今月で終わる2012年度に7650億円の損失を出すと予想される。パナソニックはテレビ事業縮小に対し、「多様な成長戦略を探している」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年03月19日 09:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]