韓国旅行「コネスト」 今春の桜、韓国ソウル中心地は来月中旬満開。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

今春の桜、韓国ソウル中心地は来月中旬満開

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
今春の桜の開花時期は、平年より全国的に平均3日ほど早く、花冷えの寒さが厳しかった昨年に比べて8日ほど早いと予想される。

韓国気象庁によれば14日、今春の桜の花は17日に済州島西帰浦(チェジュド・ソギポ)を皮切りに南部地方は23日から来月1日の間に咲き始める見通しだ。

中部地方は来月2~13日に、京畿道(キョンギド)北部、江原道(カンウォンド)北部と山間地方は来月13日以降に開花すると予想される。特に河東(ハドン)の双渓寺(サンゲサ)の十里(シムニ)桜花見通りは今月27日、慶尚南道昌原市鎮海(キョンサンナムド・チャンウォンシ・ジンヘ)は今月28日、ソウル汝矣島(ヨイド)の輪中路(ユンジュンノ)は来月8日前後に花が咲く見通しだ。桜の花は開花後一週間で満開になる。

気象庁のパク・チョンギュ韓半島気象部チーム長は「桜の花の開花は2~3月の気温と開花直前の日照量・降水量などの影響を受ける」とし「南部地方は3月初め、中旬の気温が平年より高くて桜の花の開花が早くなる見通し」と話した。

ソウル地域の場合、レンギョウと桜の花の開花時期が通常10日以上の差が出る。だが今春はほぼ同じ時期に咲く模様だ。気象庁はソウル鍾路区(チョンノグ)を基準に、レンギョウは来月4日、チンダルレは来月5日に開花すると予報した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年03月15日 16:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
IUが総額5億ウォンを寄付
21.05.17
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]