韓国旅行「コネスト」 農心ラーメンのスープ原料からまた発がん性物質が検出=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

農心ラーメンのスープ原料からまた発がん性物質が検出=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ラーメンの原料を生産している農心系列会社「テギョン農産」(大邱市達城郡)が、発がん性物質「ベンゾピレン」が過多検出された唐辛子種油をスープの原料として使用し、食品安全当局の行政措置を受けた。

農心とテギョン農産は昨年10月にも、一部のラーメンのスープの原料(かつおぶし)からベンゾピレンが検出されたことで、会社関係者が罰金刑を受けている。

19日の食品医薬品安全庁によると、テギョン農産が輸入した中国産唐辛子種油(16.7トン、昨年12月13日通関)から3.5ppb(ppbは10億分の1)のベンゾピレンが検出された。これはベンゾピレンの食用許容基準の2ppbを超過する。

輸入唐辛子種油はテギョン農産が生産した「ポックムヤンニョム粉1号」と「ポックムヤンニョム粉2号」に使われた。これは一部のラーメンのスープに入っている。ただ、この粉のベンゾピレン検出量(最高1ppb)は基準値以下で「自主回収」が決定され、ラーメンのスープ自体からはベンゾピレンが検出されなかった。したがって食品医薬品安全庁と専門家(東国大学食品生命工学科シン・ハンスン教授)は、今回摘発された唐辛子種油を使用したスープは人体に影響がないとみている。

問題は、基準値を超過したベンゾピレンが含まれている唐辛子種油を防げない輸入通関システムだ。食品医薬品安全庁は1月9日、匿名の情報提供を受けて調査を始めた。1月24日になってベンゾピレン検査が始まり、今月14日に結果が発表された。また、食品医薬品安全庁が4カ月ぶりにベンゾピレン関連事件を招いたテギョン農産に対し、行政措置では最も軽い「是正命令」のみ出した点も指摘されている。

農心側は「唐辛子種油を入庫した際、自社で検査をしたが、当時はベンゾピレン検出量が基準値以下だった」と釈明した。農心の関係者は「ベンゾピレンは韓国・欧州連合(EU)だけが基準を設定している」とし「欧州人は韓国人に比べてベンゾピレン露出量が7倍も高いが、韓国が欧州と同じ基準(2ppb)を適用するのは厳し過ぎる」と主張した。

一方、食品業界は「過度に厳格なベンゾピレン基準が問題」と反論した。ベンゾピレンは、ごま油など炒めた後に絞り出す方式の製造過程で発生するしかないという理由からだ。ある食品会社の関係者は「農心だけでなくCJのごま油なども問題になっていた」とし「世界で最も厳格なベンゾピレン基準通りに検査する場合、この基準から自由な食品会社は一つもないだろう」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年02月20日 09:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]