韓国旅行「コネスト」 李大統領「幸せな働き手だった」=最後のラジオ演説 。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 李大統領「幸せな働き手だった」=最後のラジオ演説

李大統領「幸せな働き手だった」=最後のラジオ演説

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は18日のラジオ演説で、任期満了を数日後に控え「大韓民国の権力者ではなく大韓民国の働き手になろうとした。私は大韓民国の一番幸せな働き手だった」と振り返った。


 この5年間、国と国民のために常に最善を尽くし賢明に働き、後悔や心残りは無いとしながら、数日後には一市民に戻ると述べた。

 李大統領は最初のラジオ演説を行った2008年10月に発生したリーマン・ショックに言及し、誰も予想しなかった状況に直面した政府は経済再生を優先し全力を注いだと説明。「国民が力を合わせたおかげで、われわれは前代未聞の世界的な経済危機を世界で最も見事に克服したと評価された」と力説した。

 歴代政権以上に福祉向上に努めたとも話した。ただ、「庶民の暮らしが依然として苦しいのは事実。笑顔が広がるのを見ることができないまま退任することになり、大変心が痛む」とした。

 李大統領は「この5年間は私にとってはとても大変な時間でもあったが、その一方で大きな喜び、光栄な時間でもあった」とし、国と国民への感謝の言葉で締めくくった。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年02月18日 09:42
コネスト関連記事
  • 李明博(イ・ミョンバク)大統領ってどんな人?
  • 韓国の歴代大統領
  • 韓国の政治制度
  • 韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 李大統領が退任演説…「北、国際社会での孤立化に気づくべき」
  • 韓国次期政権の国政ビジョン「希望の新時代」
  • 南北共同行事を民間で推進 韓国当局の対応は
  • 韓国国会、北核糾弾決議案を採択
  • 「北指揮部の窓に命中」 韓国軍が巡航ミサイル公開
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    朴前大統領弾劾後35億ウォン使用か
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    不法滞在の外国人4カ月連続増
    朴槿恵氏公判の傍聴券を求め
    拡張現実技術をがん手術に応用
    「上官が性的暴行」女性大尉が自殺
    DIAジュウン日本風の前髪が話題
    ウェブトゥーン・ロマコメ国境越える
    文大統領、異見を出すのは義務
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]