韓国旅行「コネスト」 「LINE」のライバル「カカオ」 黒字転換の理由は。韓国の経済ニュース
KONEST

「LINE」のライバル「カカオ」 黒字転換の理由は

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】スマートフォン(多機能携帯電話)向け無料通話・無料メールアプリケーションの「カカオトーク」を運営するカカオの年間売り上げが昨年初めて黒字となり、その黒字規模に業界の関心が集まっている。

 IT業界は7日、カカオが昨年初めて年間ベースで黒字を記録したと伝えた。カカオは2010年3月にサービスの提供を開始した。

 業界の関心は具体的な黒字額に集まっている。カカオは黒字転換や規模について「確認できない」としているが、業界ではゲームの売上高を踏まえると数十億ウォン(10億ウォン=8600万円)に達するとみている。

 カカオが昨年公開した数値によると、ゲームの売上高は8月に47億ウォン(約4億円)、9月に138億ウォン、10月に400億ウォンを記録し3カ月間で585億ウォンに達した。売り上げが急速に伸びていることから11月と12月はさらに増加しているとみられる。ゲーム別の売上高の20%がカカオの収益になることを考えると、上半期の損失を計上しても最低数十億円の黒字が出る計算だ。

 カカオの黒字転換は無料通話・無料メールサービスに対する市場の否定的な見方を克服したという点で意味がある。

 カカオは1年前の2011年には3000万人以上の加入者を確保したが、売上高はわずか18億ウォン。営業赤字は153億ウォンに達し、事業継続の可能性に疑問符が付けられていた。

 だが、昨年から企業広告プラットフォームやモバイルコマースプラットフォームなどで収益が発生し、同年7月に開始したゲーム事業が成功し同年9月に初めて黒字を記録した。

 昨年下半期に韓国で国民的な人気となったスマートフォン用ゲームアプリケーション「エニパン」をはじめとするゲームのヒットで、わずか4カ月で年間黒字転換を可能にしたと推定される。

 カカオは今年このような収益構造を堅固にしていく方針だ。

 このため来月新しいデジタルコンテンツ流通プラットフォーム「カカオページ」のサービス提供を開始する。

 カカオページは漫画、動画、音楽などが主要取引品目。流通コンテンツは基本的に有料で、売り上げはコンテンツ制作者とスマートフォンアプリストアを運営する米アップルやグーグル、プラットフォームを提供するカカオがそれぞれ5対3対2の割合で分ける。

 またソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「カカオストーリー」を活用したマーケティングプラットフォーム「ストーリープラス」も来月までに発表する予定だ。

 ある証券業界関係者は「カカオトークは単なる無料通話・メールサービスを超えプラットフォームビジネスに進化するのに成功した。7500万人のユーザーを基盤にコンテンツ販売など新しいビジネスモデルまで生み出しているため、収益性まで確保したとみて良い」と評価した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2013年02月07日 14:27
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]