韓国旅行「コネスト」 凍てつく寒さ…ソウル、体感温度氷点下15度。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

凍てつく寒さ…ソウル、体感温度氷点下15度

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大雪、寒さ、強風の中で年末年始を迎えることになった。

年越しイベントに参加する市民らはこのような寒さに備えて外出しなければ楽しめそうにないほどだ。

気象庁は30日「冷たい大陸の高気圧が広がって西海上では雪雲が発達し、31日まで湖南(ホナム・全羅道)と済州道(チェジュド)に大雪が降り、また全国的にも冷たい風が強く吹くと予報した。特に忠清南道(チュンチョンナムド)、湖南地域は31日まで、最大20センチの積雪が予報され、元日にも一時、雪が降ると発表した。

強風注意報と強風波浪警報が発令された西海岸では30日から石油汚染の除去作業が中断された。西海岸では31日はもちろん、元日まで強い風が吹くものと予想される。強風注意報が発令された東海(トンへ、日本海)岸でも、31日まで強い風が吹くが、元日は風が多少落ち着く見通しだ。

ソウル地域は31日朝の気温が、今年の冬に入って最も低い氷点下9度まで下がり、強い風のため体感温度は氷点下15度前後まで下がると予報している。ソウル地域は前日にも、午前11時に最も低い氷点下7.4度を記録し、昼の気温も氷点下5.5度以上に上がることはなかった。今回の寒さは2日の昼から徐々に和らぎ、平年並みの気温を回復するということだ。

一方、大雪警報が発令された全羅北道井邑(チョンラブクド・チョンウプ)と光州(クァンジュ)広域市などは20センチ前後の積雪量を記録し、交通事故もところどころで発生した。気象庁の関係者は「強風に対応した施設物管理とともに凍った道での事故などに特に注意してほしい」と呼びかけている。

姜讃秀(カン・チャンス)記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年12月31日 08:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
新規コロナ感染者3日ぶり400人越
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]