韓国旅行「コネスト」 果樹園を襲うバッタ ‘マッコリ’で一網打尽。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

果樹園を襲うバッタ ‘マッコリ’で一網打尽

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
バッタは夏の夜に美しい声でなくロマンチックな昆虫としても知られる。 しかし野山や木の周囲に生息するあるバッタは声も出さず、ブドウ・桃・柿の木の実や葉を食べながら、農家に大きな被害を与えている。

忠清北道永同郡(チュンチョンブクド・ヨンドングン)では、昨年からこのバッタとの戦いが続いている。 5月下旬から現れたバッタの群れは永同郡永同邑・黄澗面(ファンガンミョン)一帯およそ20ヘクタールの果樹園を襲った。 今月に入ってから近隣地域の清原(チョンウォン)・報恩(ボウン)地域にも現れている。

バッタの群れに頭を悩ませている黄澗面のキム・ドンイル面長(52)と職員らは、マッコリ(濁り酒)が入ったペットボトルの罠を仕掛け、一日に数百匹のバッタを捕まえている。

原理は簡単だ。 ペットボトルの上部を切った後、切った部分をペットボトルの胴体に逆さにはめて固定する。 マッコリ100cc程度と砂糖3さじを混ぜたものをペットボトルの中に入れ、地面や木の上に置いておく。 バッタは狭い入口からペットボトルの中に入り、マッコリに浸かってしまうと出られなくなるという仕掛けだ。

キム面長は「昨年の夏、バッタの群れによる被害が生じたブドウ畑で、蜂や蚊を捕まえるため置かれていたマッコリ入りのペットボトルにバッタがかかっているのを見て思いついた」とし「ペットボトル1本当たり一日20匹以上のバッタが入っている」と話した。

黄澗面は最近、150本以上の‘ペットボトル罠’を作り、5000坪の果樹園とその周辺に仕掛けている。

大田(テジョン)大生物学科の南相豪(ナム・サンホ)教授は「このバッタは果物が腐ったり発酵したりしたときに発生するにおいを好む習性があり、こうしたにおいがするマッコリを好んでいるのだろう」と語った。

永同=金芳鉉(キム・バンヒョン)記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年06月13日 15:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
済州で放流のウミガメ ベトナム定着
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
新規コロナ感染者3日ぶり400人越
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]