韓国旅行「コネスト」 盧大統領「絶望と挫折を抱いて帰郷」。韓国の政治ニュース
KONEST

盧大統領「絶望と挫折を抱いて帰郷」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
来年2月24日に退任する盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の帰郷準備が進んでいる。

盧大統領は2月25日、李明博(イ・ミョンバク)氏の大統領就任式に出席後、直ちに金海烽下(キムヘ・ポンハ)村に向かう。

386側近たちの長兄格である李鎬?(イ・ホチョル)民政首席も最近「退任後にもしばらく大統領に付き添う」という意思を表明した。盧大統領が居住する烽下村私邸は来年1月中旬ごろ完工する予定だ。

盧大統領は27日夜、青瓦台迎賓館で前・現職青瓦台秘書官200人と夕食会を行い、在任中最も心残りだということに「ウリ党解体」を挙げ、出席者たちに「政治勢力化を慎むよう」と呼びかけたということだ。

盧大統領は「ウリ党は単純に盧武鉉政党ではなく、地域党から全国党に進む道徳的価値であり、私のすべての政治的資産を捧げたが、こうした戦略的根拠と価値がなくなり、本当に胸が痛い。すでに韓国政治に対する絶望と挫折を抱いて帰ることになった」と述べた。続いて「ウリ党があったら今後、援助できるが、もう故郷に帰るので、やることがなくなってしまった」とし「皆さんに政治的に何をしろとは言わないから、これから気楽に親睦を図っていこう」と付け加えた。

◆参加政府評価フォーラム「歴史に評価任せる」=青瓦台秘書陣と現政府で長・次官を務めた人物が4月に構成した参加政府評価フォーラムが28日、公式解散した。地域別代表100人ほどが参加した中、大田で開かれた「市・道参加政府評価拡大連席会議」で、李炳浣(イ・ビョンワン)代表(元青瓦台秘書室長)は「参加政府のしてきたことがこき下ろされるのは心外なので、フォーラムは今日をもって幕を閉じ、歴史の舞台に評価を任せなければならないのではないかと思う」と述べた。

パク・スンヒ記者
キム・ソンタク記者

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年12月29日 15:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]