韓国旅行「コネスト」 ユニクロより保温性優れた韓国ブランド…ダウンジャケット比較。韓国の経済ニュース
KONEST

ユニクロより保温性優れた韓国ブランド…ダウンジャケット比較

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ダウンジャケットの価格にバブルが含まれていることが分かった。特に、韓国ブランドの価格の5倍以上もする海外ブランドのダウンジャケットが、重いうえ、保温性も落ちる。また、有名中低価ブランドのダウンジャケットの相当数が羽毛不足または品質がKS(韓国産業規格)推奨基準に達していないことが明らかになった。

韓国消費者院は23日、ユニクロ・ZARAなどSPAブランド(企画・生産者が流通・販売までするブランド)の男女ダウンジャケット15種類を比較・分析した結果を発表した。

服の重さが600グラム以上の製品のうち、韓国ブランドSPAOの5万9900ウォン(約5000円)のダウンジャケットが、33万9000ウォンの米ブランド・バナナリパブリックより軽くて温かいことが分かった。重さ945グラムのSPAOの場合、-19.6度まで快適に着ることができるが、1171グラムのバナナリパブリックは-18.2度。外部限界温度が低いほど、保温性が良いことを意味する。

重さ300グラム以下の製品の場合、韓国コデズコムバイン(男性用、7万9000ウォン)がー15.1度でも保温性が最も優れている。やや高い日本ブランドのユニクロ(男性用、8万9900ウォン)は-12.6度だった。

羽毛の量を増やし、生地が厚ければ保温性は高まるが、重くて着用感が落ちる。このため似た重さの製品の保温性を比較した。

消費者院は「ZARA、MANGO、MIXXOの3ブランドのジャケットの実際の羽毛含有量は表示より少なかった」と伝えた。ZARA製品は高級羽毛含有率を30%と表示したが、実際は20.8%だった。MANGOとMIXXOの製品はそれぞれ90%、75%と表示しているが、実際の含有率は86.4%、72.4%だった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年01月24日 11:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]