韓国旅行「コネスト」 女優ソン・ヘギョ、視覚障がい者役にハイヒールで登場。韓国の芸能ニュース
KONEST

女優ソン・ヘギョ、視覚障がい者役にハイヒールで登場

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 視覚障がい者はハイヒールが履けないという偏見はもう捨てよう。

 女優のソン・ヘギョは来月13日に初放送されるSBS(ソウル放送)の水木ドラマ『その冬、風が吹く』で視覚障がいのある大企業の跡取り娘オヨン役でお茶の間に登場する。劇中、大企業の唯一の跡取りとして知的で美しく、全てのものを手中に収めているように見える。しかし実際はいつも寂しく冷たく、そして試練が多い。

 名前だけの跡取りとして生きないために、いつも徹底して自己管理するオヨンは、視覚障がい者だがどんな生活でも両目が見える人のようにやってのける。視野の真ん中だけかすかに点のように見え、周辺部の視覚を失ったトンネル視覚障がい者だが、これさえも奪われるのではないかと、この事実を周りの人々には隠している。オヨンは人を信じることができず、いつか自分が最も弱くなる時にはこの世を未練なく去ろうと決めて心を閉ざして生きていく人物だ。

 ソン・ヘギョはこのキャラクターを表現するために、脚本家のノ・ヒギョン氏と多くの話し合いを重ねた。大企業の跡取り娘だが視覚障がいがあるという簡単にはマッチしにくいキャラクターであるため、どの方向でキャラクター作りをしていくかが大きな悩みだったためだ。

 ソン・ヘギョは、「視覚障がい者という先入観にとらわれず枠を飛び出してほしい」というノ・ヒギョン氏の言葉に、実際に視覚障がい者が生活している福祉施設を訪ねてオヨンというキャラクターに魂を吹き込んだ。

 ある福祉士も「視覚障がい者も皆、おしゃれをしたりきれいに見せようとする心は全く同じ。ミニスカートをはいたりハイヒールを履いたりするのは違和感のあることではない。時と場所に合わせて服を着たり化粧したりするが、彼らにとってもそれは当たり前のこと」とし「ドラマを通じて先入観と偏見が少しでも消えてくれたら」と話した。

 初放送は来月13日午後9時55分。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年01月17日 15:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]