韓国旅行「コネスト」 チャン・ドンゴン、BoAら、整形外科を相手取り肖像権損賠訴。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

チャン・ドンゴン、BoAら、整形外科を相手取り肖像権損賠訴

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
芸能界トップスターがソウル江南(カンナム)のある整形外科を相手に「肖像権を侵害した」として、1億ウォン台の損害賠償請求訴訟を起こした。

7日の法曹界によると、俳優のチャン・ドンゴン、ソン・へギョ、キム・ナムギル、歌手のBoA、少女時代ティファニー・ジェシカの芸能人6人は、ソウル清潭洞の整形外科病院を相手取り、「広報を目的にインターネットブログに事前同意なく写真と名前を掲示した」として、1人当たり2000万ウォン(約165万円)ずつ計1億2000万ウォンの損害賠償請求訴訟をソウル中央地裁に起こした。

6人は「有名芸能人の名声と認知度を利用し、あたかも病院で医療行為を受けたように見せかけた」とし「これは芸能人のパブリシティー権(肖像権)を侵害する違法行為」と主張した。パブリシティー権とは、個人の姓名・肖像などを広告または商品に商業的に利用し、経済的利益を得ることができる権利をいう。

昨年12月には女優のスエと少女時代ジェシカ、Wonder Girlsソヒ・イェウン・ユビン・ヘリムらが同じ趣旨でソウル駅三洞にある歯科病院を相手取り、2億2000万ウォンの損害賠償請求訴訟を起こした。特にスエとジェシカは「整形前後の写真まで掲示し、パブリシティー権侵害の程度が深刻だ」とし、それぞれ5000万ウォンの損害賠償を請求した。Wonder Girlsメンバー4人は各3000万ウォンを請求した。

女優ミン・ヒョリンは昨年、「私と似た鼻のモデルの写真に私の名前を入れた広告を掲載し、あたかも私がこの病院で鼻の整形手術を受け、広告モデルになったように誤解を招く演出をした」とし、ソウル江南の整形外科を相手に損害賠償請求訴訟を起こした。これに対しソウル中央地裁は昨年10月、病院側に300万ウォンの賠償を命じ、原告一部勝訴判決を出した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2013年01月08日 11:31
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]