韓国旅行「コネスト」 韓日中越ネパールの婚礼文化を一堂に。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓日中越ネパールの婚礼文化を一堂に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
朝鮮時代、一般の百姓は一生にたった1日、結婚式の日にだけ身分上着ることはできない服が許された。平民の新婦も王家の王女が婚礼に着た牡丹と鳳凰が描かれた婚礼服を着ることができた。

中国では華麗な柄の婚礼服が死んだ後に死に装束にも使われた。日本の新婦は着物のうちそでが最も長い振り袖を着て結婚式を挙げる。振り袖には鶴と亀、波などの柄が描かれている。

似ていながらも少しずつ異なるアジア各国の結婚文化を比較できる展示が開かれる。ソウル・三清洞(サムチョンドン)の国立民俗博物館が来年2月11日まで開く「2012アジア文化企画展-婚礼」だ。博物館がこの5年間に中国、ネパール、ベトナムの3カ国から25の民族の婚礼文化を調査し収集した資料を網羅した。

このほかにも中国・北京民俗博物館と日本の国立歴史民俗博物館から貸与された遺物と一般国民から収集した結婚用品など、韓国、日本、中国、ベトナム、ネパールのアジア5カ国の婚礼関連遺物863点が紹介される。

展示は婚礼の手続きに沿って「婚姻を準備して」「婚礼を上げて」「新しい始まりを知らせて」「さまざまな国の婚礼服」の4部で構成される。結婚前の準備ではアジアに共通して伝わる結納品の風習が見られる。

日本には韓国の「函(ハム)」のように新郎が新婦へ品物を贈る結納の習慣があるが、ここには指輪と現金封筒のほか、アワビ(長寿)、かつおぶし(新郎の能力)、昆布(子孫繁栄)などが入れられる。ベトナムでは夫婦の縁を象徴するチャウカウ(キンマとビンロウ)が必ず贈られる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年12月18日 12:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
国際線燃油サーチャージ 来月引上
寧越郡と北海道東川町文化交流推進へ
「ベビーシャーク」アニメ世界で放送
IUが総額5億ウォンを寄付
人気歌手応援ソング22年ぶり刷新
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
新規コロナ感染者619人
ワクチン1回目の接種者7.3%
マスク着用指針の緩和「予断は禁物」
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]