韓国旅行「コネスト」 韓国が参加した国際研究チーム、ブタの遺伝子地図完成。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国が参加した国際研究チーム、ブタの遺伝子地図完成

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の研究チームが参加した国際共同研究で、ブタの遺伝子地図が完成された。 韓国の農村振興庁は15日、「国内研究チーム14人が参加したブタ遺伝子解読国際研究チームがブタの遺伝子を完全に解読した」と明らかにした。 動物の中ではニワトリ・イヌ・ウシなどに続いて8番目。

今回の研究結果はネイチャー誌11月号に掲載された。 ネイチャーはサイエンス、セル(Cell)とともに3大科学学術誌と呼ばれる。

今回の研究には韓国研究チームのほか、米国・英国・フランス・日本・中国・デンマーク・オランダなど、計9カ国・132人の研究者が参加した。 研究者らは06年から6年間の努力の末、計29億塩基対を解読し、遺伝子地図を完成した。 研究費だけで300億ウォン(約22億円)が投入された。 韓国研究チームは農村振興庁、韓国生命工学研究院、ソウル大、建国大学、慶尚大学所属で、全体2.60Gb分量の塩基序列のうち306Mbの解読を担当した。

今回の研究を通じて、ブタの起源と特性、進化形態が明らかになった。 研究チームは論文で「ブタは東南アジアで出現した後、約100万年前にヨーロッパとアジアで別々に進化したことを確認した」と明らかにした。ブタは味覚関連遺伝子の機能が落ち、塩味を感じにくいという事実も確認された。 一方、嗅覚は優れている。

科学界は今回の研究で、臓器生体移植用のブタを開発できる道が開かれたとみている。研究に参加した国立畜産科学院のイ・ギョンテ博士(42)は「臓器の形を決定する遺伝子は人とブタ、イヌが似ているという事実を確認した」とし「人体移植用臓器を持つモデル動物を生産できるだろう」と述べた。 ブタの品種改良研究も活発になる見込みだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年11月16日 17:03
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
韓国の新規コロナ感染者715人
KAISTがグローバル企業に選出
早くも夏日 ソウルの最高気温29度
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
電動キックボード 無免許は違反に
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]