韓国旅行「コネスト」 <土地不正購入疑惑>李大統領の長男に「無嫌疑処分」。韓国の政治ニュース
KONEST

<土地不正購入疑惑>李大統領の長男に「無嫌疑処分」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
李明博(イ・ミョンバク)大統領のソウル内谷洞(ネゴクドン)私邸用地疑惑を捜査したイ・グァンボム特検チームは、李明博大統領の長男・李始炯(イ・シヒョン)氏の特定経済犯罪加重処罰等に関する法律(特経法)違反(背任)および不動産実名法違反について「無嫌疑」という決定を下した。

その代わり特検は実務者の金仁鍾(キム・インジョン)元警護処長およびキム・テファン警護処公務員に対し、特経法上の背任容疑で在宅起訴し、シム・ヒョンボ警護処部長は公文書変造などで在宅起訴した。

イ特検は「警護敷地は国有財産であり、私邸と警護敷地を購入する際、国に損害を与えてはならなかったが、李始炯氏に利益を与える目的で低価格で購入し、9億7000万ウォン(約7000万円)ほどの損害を与えた」と述べた。

特検チームは李始炯氏の贈与税関連問題を国税庁に通知することにした。しかし法曹界の一部は、李始炯氏は約5億ウォンほどの追徴税金だけを出し、刑事処罰はないとみている。

一方、特検は李明博大統領に対し、現職大統領は内乱または外国為替の罪を犯した場合を除いて在職中に刑事上訴追されないため(憲法第84条)「公訴権なし」として処理された。

金潤玉(キム・ユンオク)夫人と任太熙(イム・テヒ)前大統領秘書室長も内谷洞私邸用地の決定および売買契約採決などに介入・関与したり、金仁鍾元処長の背任に共謀したと見なせる証拠が不十分で、無嫌疑処分となった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年11月14日 10:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]