韓国旅行「コネスト」 不況でも美術品の輸入急増 高額作品人気=韓国 。韓国の経済ニュース
KONEST

不況でも美術品の輸入急増 高額作品人気=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】景気低迷にもかかわらず韓国の美術品の輸入が増えている。

 韓国関税庁が7日に公表した「美術品輸入動向」によると、今年1~8月に輸入された外国の美術品は3万3037点で、輸入額は1億1379万ドル(約91億4000万円)だった。

 美術品1点当たりの輸入額が3444.44ドルという計算になる。昨年の平均輸入額(595.53ドル)に比べると5.8倍に上る。

 昨年1年間に輸入された美術品は23万3057点、申告された輸入額は1億3879万ドルだった。

 美術品の輸入額は2007年(7億6174万ドル)にピークを迎えた。韓国では2000年代に入り、美術品が財テクの手段として認識され、高額美術品の需要が急増。外国の作家の作品が脚光を浴びたが、世界的な金融危機の影響で2008年(7億1315万ドル)から需要が減り、輸入額は2009年が2億516万ドル、2010年が1億7284万ドルと減少した。 

 一方、美術品の輸入量は、2007年が6万1387点、2008年が10万7003点、2009年が18万7995点、2010年が18万5091点を記録し、昨年は初めて20万点を超えた。

 輸入総額は減ったが輸入量が増えたため、美術品1点当たりの平均輸入額も急減した。1点当たりの平均輸入額は、2007年の1万2408ドルから2008年は6664ドル、2009年は1091ドル、2010年は933.8ドル、2010年は595.5ドルに減少した。

 関税庁関係者は「金融危機後に低額美術品の需要が増えたが、今年に入り再び外国人作家の高額作品の輸入が増加している」と説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年11月07日 16:55
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]