韓国旅行「コネスト」 年金による老後準備、韓国は主要国で最下位水準。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

年金による老後準備、韓国は主要国で最下位水準

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国の年金システムが世界の主要国でほとんど最低水準だと調査された。

グローバルコンサルティング企業のマーサーが15日に発表した「メルボルン・マーサー・グローバル年金インデックス」(MMGPI)によると、韓国は44.7点で18カ国中16位、D等級判定を受けた。

MMGPIは年金システムの適正性、持続可能性、完全性などを総合評価して算出する。適正性は引退後に支給する年金額が老後の生活のために十分であるかを、持続可能性は現在の年金システムがどれだけ長く維持できるかを、完全性は公的年金を補完する私的年金市場がどれだけ発達しているかを意味する。MMGPIはマーサーとオーストラリア金融研究センターがオーストラリア・ビクトリア州政府の支援を受けて毎年発表する指数で、2009年に11カ国で始め、現在は18カ国に増えている。韓国は今年初めて調査対象国に含まれた。

韓国は平均点の61点より16.3点低い点数を受けた。特に完全性指数は47.5で調査対象国で最下位を記録した。それだけ私的年金市場が発達していないという意味だ。先月に保健福祉部が発表した国民年金実態調査の結果を見てもそうだ。調査によると2011年基準で国民年金加入者の月平均予想年金額は61万6000ウォンだ。これに対し世帯主が考える月平均適正老後生活費は1人179万6000ウォン、最低生活費は116万6000ウォンと現れた。国民年金だけでは老後に適度に良い暮らしをするために毎月118万ウォンが不足し、最小限の暮らしをするとして50万ウォン不足するという話だ。しかしこれら年金加入者のうち31.8%だけが個人年金に加入した。退職年金には9%しか加入していなかった。

一方、デンマークは積み立て率が高く年金システムを長く維持でき、私的年金市場が発達している点などで高い点数を受け、82.9点と調査対象国で初めてA等級を受けた。アジアの調査対象国ではオーストラリアとシンガポールを除き、中国、日本、インドなどはすべてD等級を受けた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年10月16日 11:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]