韓国旅行「コネスト」 「大統領選症候群」をご存知?…20〜40代の半分以上が体験。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
江陵日帰り旅行で伝統祭&グルメ&ロケ地を満喫!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 「大統領選症候群」をご存知?…20〜40代の半分以上が体験

「大統領選症候群」をご存知?…20〜40代の半分以上が体験

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
20~40代の半分以上が今回の大統領選挙・遊説期間中に「大統領選症候群」を体験したことが、調査により分かった。

「大統領選症候群」とは、選挙のために騒がしくなる環境や、遊説現場の拡声器による騒音などで腹が立ったりストレスを受ける症状を称す新造語。就業専門ポータルの「キャリア」が15~16日、同サイトのメンバーら1274人を対象にアンケート調査を行なったところ、回答者の57.3%が大統領選の遊説期間中にこうした現象を体験したと答えた。

「大統領選症候群」の最も大きな原因は、「街頭遊説の騒音」(75.5%)。その次は「誹謗(ひぼう)合戦を行なう形式的な合同討論会」(68.1%)、「あきれる内容の公約」(45.6%)、「候補らの頻繁なテレビ広告」(36.6%)、「インターネットサイトにアクセスする度接するようになる遊説バナー広告」(34.1%)の順。

「大統領選特番による他の番組の取り消し」(27.4%)、「大統領選ニュースだらけの報道」(25.35)、「特定候補をかばう周囲の人々」(24.9%)、「投票する候補を尋ねる質問」(14.4%)などの回答もあった。一方、全体回答者のうち「候補らの競争が5年前の大統領選当時よりさらに激化したと思われるか」との質問には、「そう思う」(38.4%)、「そう思わない」(36.7%)、「関心がない」(24.9%)の順に答えた。


キム・ジニ記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年12月18日 16:12
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 投票者の心“科学”で読み取る…世界最高の分類機
  • <ビッグ3同行取材?>李会昌候補の24時
  • <ビッグ3同行取材?>鄭東泳候補の24時
  • 明44.7%、鄭15.7%、昌13.1%…最後の世論調査
  • 「3日もたつのにまだ除去できないのか」盧大統領
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    SISTARラストシングル発売へ
    韓国政府G7対北朝鮮メッセージ歓迎
    韓国東部沖で北朝鮮の木造船3隻発見
    北朝鮮の金剛山観光、再開に期待
    韓国、イングランドに惜敗
    非正規雇用問題、民官見解対立
    今週末は全国的に晴れ
    既得勢力に一撃!新ドラマ制作発表会
    セウォル号、自死の教頭は出航に反対
    TWICE、TT動画再生2億回突破
    週間アクセスランキング
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    俳優キム・ウビン 鼻咽頭がんを...
    17.05.24
    ハン・ヘジン、野球選手と熱愛説
    17.05.24
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    17.05.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]