韓国旅行「コネスト」 走行中に車両が分離したムグンファ列車=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

走行中に車両が分離したムグンファ列車=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
走行中に列車の客車と客車の間で分離するという事故が発生した。自動制御システムが作動し、幸い、人命被害はなかった。

16日昼12時15分ごろ。忠清北道永同郡の覚渓(カッケ)駅付近の京釜(キョンブ)線鉄道上り線で、ムグンファ列車(1210号)の1番客車と2番客車が分離した。事故当時、列車は時速80キロ程度で運行中で、乗客およそ250人が乗っていた。分離した機関車と1番客車は、事故発生地点から100メートルほど走った後、自動制御システムが作動して停止した。

KORAIL(韓国鉄道公社)側は「過去に機関車と客車が分離した事故はあったが、客車の間で分離したのは今回が初めて」とし「正確な原因を調査中」と明らかにした。

列車乗客のホ・ナムギルさん(29)は「1号客車に乗って眠っていたが、轟音がして目が覚めた。列車が爆発するのではないかと思った」とし「手動でドアを開けて出てみると、列車が分離していた。案内放送がなかったので、119に申告した」と述べた。

事故を目撃した覚渓里住民のパク・ウンジェさんは「突然、線路から轟音が聞こえたので見てみると、列車が分離していた」とし「機関車は100メートルほど走って止まった」と説明した。

機関車1両と客車7両、発電車1両の計9両で編成されたこの列車は午前9時10分に釜山(プサン)駅を出発、事故発生の8分前に永同(ヨンドン)駅に停車して乗客を乗せた後、大田(テジョン)駅に向かって10キロほど走ったところだった。KORAILは事故列車を東大邱鉄道車両整備事業所に移して調査中だ。

国土海洋部は17日、監督官を現地に派遣する。KORAILは午後1時ごろ、事故地点付近の覚渓駅で待っていた乗客を後続列車に乗り換えさせた。しかし収拾が遅れ、この区間を通過する列車は2時間ほど遅れた。

04年1月6日、京釜(キョンブ)線の三郎津-密陽区間では、釜山発ソウル行きムグンファ列車(235号)が運行中、機関車と1番客車が分離する事故が発生した。当時、列車には約700人の乗客が乗っていたが、人命被害は発生しなかった。 .
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年08月17日 09:15
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]