韓国旅行「コネスト」 「ウナギの種が途絶えた」前例のない価格高騰…なぜ?=韓国(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ウナギの種が途絶えた」前例のない価格高騰…なぜ?=韓国(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
10日午後7時、仁川市(インチョンシ)のある焼きウナギ専門店。ここを訪れたキム・グァンホさん(35)は「淡水ウナギ焼き8万ウォン(約5500円)」と書かれたメニューを見て驚いた。キムさんは「ここ数カ月のうちに2万~3万ウォンが値上がりした」と話した。主人のシン・ウンホさん(60)は「ウナギの卸値が昨年キロ当たり3万2000ウォンだったのが、最近は5万5000ウォンまで値上がりし、中国産ウナギすら手に入りにくく価格が上がった」と説明した。淡水ウナギで有名な全羅北道高敞(チョルラプクド・コチャン)の風川(プンチョン)も事情は同じだ。焼きウナギ店を経営するオ・ミンソンさん(41)は「淡水ウナギが手に入りにくい」とし「100カ所以上あるウナギ専門店は売上げが例年より40%減少した。来年はさらに厳しくなると言って閉店を考える店が多い」と伝えた。

最近、淡水ウナギと呼ばれるウナギの価格が高騰している。2009年に500ウォンだったウナギの稚魚1匹当たりの価格は昨年は3000ウォンを超え、今年は最高7000ウォンで取り引きされた。0.2グラムに過ぎないウナギの稚魚がイシモチ1匹の価格(8月現在7900ウォン)に相当する計算だ。4~5年前には7~10トン程度獲れたウナギの稚魚が昨年はわずか1.5トンしか獲れなかったためだ(国立水産科学院)。ウナギは孵化から成魚までを管理する“完全養殖”が不可能だ。稚魚を獲った後、養殖場で6カ月以上育てなければならない。全国にある約520カ所のウナギ養殖場のうち、50カ所だけがウナギの稚魚を入植できた。ナ・ジンホ漁業組合長は「米国・フィリピン産の稚魚を持ち込んでいるが、追いつかない」と話した。このままだと来年は“ウナギ大乱”が起きる見込みだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年08月13日 16:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者 再び400人下回る
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]