韓国旅行「コネスト」 老後に子どもと頻繁に会うには金が必要?。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

老後に子どもと頻繁に会うには金が必要?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「老後も頻繁に息子と顔を合わせたいのなら、お金を十分に持っていなければならない」。こうした世間の俗説が世界27カ国のうち韓国でのみ統計的に立証された。

崇実(スンシル)大情報社会学科のチョン・ジェギ教授が10日、韓国人口学会学術大会で発表した論文「韓国家族・親族間の接触頻度と社会的支援様相:国際間比較」でだ。

この研究は、04年に国内で1312人を対象に実施した韓国総合社会調査と、01年に世界26カ国・3万3232人が参加した国際社会調査(ISSP)の結果を比較分析したものだ。

論文は、子どもと別々に暮らす60歳以上の親を所得・教育・年齢・性別・結婚状態別に分けた後、どの親の類型が子どもと頻繁に会っているかを調べた。

その結果、世界27カ国のうち韓国だけが‘親の所得が多いほど子どもと頻繁に会う’ことが分かった。 所得と接触の相関関係を表す回帰係数が0.729だった。 回帰係数は1に近いほど相関関係が大きい。

また親の所得が1%増えれば、子どもと1週間に1回以上会う確率は2.07倍以上高まることが分かった。 これに対し、経済協力開発機構(OECD)14加盟国では、親の所得が多いほど子どもとの接触が少ないことが分かった。

別に住む親・親族と会う回数も韓国が日本とともに世界で最も少なかった。 「別居する親に1週間に1回以上会う」という子どもの比率は韓国・日本が27%と、世界26カ国のうち最下位だった。 半面、「親と会わないが電話などで連絡する」という回答の比率は父が64%、母が73%と、調査対象国の平均54%(父)・65%(母)を上回った。

しかし「急に大金が必要になった時に会う人」は、韓国人の場合51.9%が「家族および親族」を選んだ。 これは27カ国の平均(41%)より高い数値。 チョン教授は「韓国は家族間に感情表現が自由な情緒的関係よりも義務的・道具的関係に流れる傾向が強い」と説明した。

鄭耕民(チョン・キョンミン)記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年12月11日 14:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]