韓国旅行「コネスト」 低賃金労働者の割合拡大 韓国はOECDで最も高く。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
K-POP歌番組観覧ツアー3月予約絶賛受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 低賃金労働者の割合拡大 韓国はOECDで最も高く

低賃金労働者の割合拡大 韓国はOECDで最も高く

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国で低賃金労働者の割合が拡大している。経済協力開発機構(OECD)加盟国では依然として最も高い。

 OECDが先ごろ公表した2012年版「雇用見通し」によると、2010年時点で韓国の低賃金労働者は全体の25.9%を占めた、前年から0.2ポイント上昇した。

 前年に引き続き、OECD加盟国では最も高い。加盟国平均は16.3%で、韓国を9.6ポイント下回っている。

 その要因として、韓国の最低賃金の低さが挙げられる。2010年の最低賃金は平均賃金の33%、賃金中位圏の41%の水準で、OECD平均に比べ4ポイントと7ポイント低い。また、消費者物価指数(CPI)を考慮した韓国の実質最低賃金は3.06ドル(約239円)と、OECD平均の47%にとどまった。

 さらに、最低賃金も守らない雇用主が多いことも問題とされる。韓国雇用労働部の昨年調査によると、2万3760の事業場のうち2077カ所が最低賃金に満たない賃金を支払っていた。最低賃金法の適用対象外となっている職種もある。

 労働界は、最低賃金法を改正し最低賃金の水準を引き上げ、法の適用対象を拡大するよう主張している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年07月26日 13:27
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 現代自動車、米国で22万台のリコール実施
  • サムスン 営業益・売上高とも過去最高=4~6月期
  • 4~6月期GDP成長率が大幅鈍化=韓国
  • 韓国の輸入ビールのシェア、日本が急成長して1位に
  • 不況にも消費者心理指数は「安定」=韓国
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    サムスン、テレビ用FBアプリ搭載
    韓国特検、大統領の条件付き起訴中止
    朴大統領、弾劾に書面で反論へ
    韓国産ビールより輸入ビールが人気
    2PM Jun.K、舞台から転落
    サムスン、新製品を来月29日に公開
    TWICEサナ、過去のツイート話題
    SJキュヒョン滞在中のホテルで火災
    韓国、飛行機に乗って多島海一周
    イ・ビョンホン最新作、興行成績は
    週間アクセスランキング
    俳優の同い年カップル5月非公開...
    17.02.23
    Red Velvetの衣装が話題
    17.02.21
    引退したソン・ヨンジェ芸能界進...
    17.02.22
    ソン・ジェリム、誕生日会を日本...
    17.02.21
    ソン・ヘギョ、バーバリーショー...
    17.02.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]