韓国旅行「コネスト」 海外の隠し資産が急増 摘発額も4年で10倍=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

海外の隠し資産が急増 摘発額も4年で10倍=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の富裕層や企業がタックスヘイブン(租税回避地)を活用し海外に隠し持つ資産が急増している。

 韓国輸出入銀行によると、1968年から2012年3月までに韓国からタックスヘイブン35カ所に投資された金額は総額210億ドル(約1兆6450億円)に上った。投資先はシンガポールが43億ドル、マレーシアと英領ケイマン諸島が各31億ドル、英領バミューダ諸島が26億ドル、フィリピンが25億ドルなど。韓国の海外投資総額は1966億ドルだが、その10.7%がタックスヘイブンに集中していることになる。

 関税庁の集計では、代表的なタックスヘイブン10カ所への投資額は、2007年の74億8600万ドルから2010年には126億3200万ドルに急増した。特に大企業は、51億8800万ドルから115億6200万ドルにほぼ倍増した。

 また、タックスヘイブンに登録された韓国企業のペーパーカンパニーは、昨年末時点で4875社と集計される。

 一方、関税庁が摘発した海外への資産隠しは2007年が13件・166億ウォン(約11億3000万円)だったが、2010年には22件・1528億ウォンに急増した。マネーロンダリング(資金洗浄)の摘発件数も、6件・83億ウォンから43件・924億ウォンに拡大した。

 英団体「タックス・ジャスティス・ネットワーク」の報告書は先ごろ、1970年代から2010年までに韓国から海外のタックスヘイブンに移された資産は7790億ドルで、中国とロシアに次いで世界3番目の規模と指摘した。

 韓国政府は税の徴収漏れを防ぐため、税源の透明性を高め、国際協力を強化することにした。今年上半期(1~6月)に77カ国と租税条約を、租税回避の疑いが強い15地域・国とは租税情報交換協定を結んでいる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年07月24日 11:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]