韓国旅行「コネスト」 米国産農畜産物輸入 FTA発効後は減少。韓国の経済ニュース
KONEST

米国産農畜産物輸入 FTA発効後は減少

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国と米国の自由貿易協定(FTA)が3月中旬に発効した後、韓国の米国産農畜産物輸入がむしろ減少していることが分かった。しかし、これは一時的な現象で、大豆や果物類を中心に輸入が増えるとの見方が強い。

 韓国農林水産食品部と農水産食品流通公社(aT)は23日までに、4~6月期の米国からの産畜産物輸入は19億100万ドル(約1491億円)で、前年同期比16.8%減少したと集計した。輸入量も15.5%減った。

 米国産畜産物の輸入は1月が前年同月比0.9%、2月も5.2%増加した。しかし、FTAが発効した3月は8.8%のマイナスに転じ、4月が15.1%、5月が16.7%と減少幅が拡大している。

 4月に発生した牛海綿状脳症(BSE)問題が影響した。4~6月期に米国産牛肉の輸入額は20.5%、豚肉は35.8%縮小した。また、FTA発効初年度のため、関税引き下げ幅が小さいことも要因に挙げられる。

 ただ、FTA発効から1年がすぎた韓国・欧州連合(EU)貿易の場合、EU産の農産品が昨年7月~今年5月に26億3000万ドルと、FTA発効前から23.9%急増している。米国からの農畜産物輸入も時間の経過とともに拡大する可能性がある。

 特に大豆の輸入額が5~6月に104.1%急増したほか、4~6月期のチェリー輸入額が80.2%、ジャガイモも37.0%増えている。これらを中心に、農畜産物の輸入は増加に転じるものとみられる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年07月23日 09:28
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]