韓国旅行「コネスト」 李大統領がG20会合で調整役 重要懸案合意に寄与。韓国の政治ニュース
KONEST

李大統領がG20会合で調整役 重要懸案合意に寄与

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ロスカボス聯合ニュース】メキシコのロスカボスで19日まで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議で、李明博(イ・ミョンバク)大統領が調整役を忠実に果たしたと評価されている。

 李大統領は2010年のG20ソウルサミットで議長を務めて以来、新興国のリーダーとして先進国と途上国間の懸け橋の役割を担ってきた。

 特に李大統領を中心に韓国政府が主導してきた国際通貨基金(IMF)財源強化問題が、今会議で肯定的な結論を導き出したことは大きな成果といえる。ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの主要新興5カ国(BRICS)の積極的な参加を追い風に、当初目標額に近い4560億ドル(約36兆円)の拠出が決まった。欧州債務危機のきっかけとなったギリシャやスペインへの支援財源を確保し、世界的な危機の深刻化を抑えることにもつながりそうだ。

 李大統領はG20発足当初から、IMF支配構造の改善と財源強化を促し続け、ソウルサミットでこれを公式化することで、今回の合意への礎を築いた。

 首脳会議では、新たな保護貿易措置を控える現状維持(スタンドスティル)合意期限の1年延長が決まったことも大きな成果だ。李大統領は冒頭発言で、財政危機の時こそ保護貿易に流れるべきではないと強調し、スタンドスティルの2年延長を促した。結局は1年延長となったが、新興国の韓国が先頭に立ち保護主義的な貿易への回帰に反対した点は大きい。

 李大統領は欧州圏のシステム改革も重ねて注文したほか、ソウルサミットで採択された「コリアイニシアティブ」の議題である後進国開発とグリーン成長計画の履行を強く求めた。

 一方、会期中にメキシコ、カナダと2国間会談を行い、自由貿易協定(FTA)締結に向けた交渉の再開に合意した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年06月20日 11:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]