韓国旅行「コネスト」 泰安沖でタンカー事故…被害規模は過去最大。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

泰安沖でタンカー事故…被害規模は過去最大

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
7日午前、忠清南道泰安郡(チュンチョンナムド・テアングン)沖で国内では過去最悪となるタンカー原油流出事故が発生した中、その被害規模に関連機関の関心が集まっている。

泰安海洋警察署によると、この日の事故で海洋に流出した原油は1万500キロリットル(8000トン)と、国内最悪の海洋汚染事故だった95年の「シープリンス号事故」当時に流出した原油8381キロリットル(5035トン)より多い。

しかしシープリンス号事故の場合、海岸の暗礁に座礁して原油が流出した半面、今回の泰安沖の「ハーベイスピリット号事故」は海岸から8.28キロ離れた海上で発生し、幸い、原油は沿岸まで広がっていない。

この事故を受け、泰安海上警察は450トン級油防除艇と海軍艦艇、ヘリコプターなどを動員し、事故海域一帯に600メートルのオイルフェンスを緊急設置するなど、関連機関と共同で拡散防止に総力をあげている。

海上警察は「油防除艇1隻が1時間当たり180キロリットルを防除できる能力があると勘案すれば、5隻が除去作業を行う場合、理論上流出した油を除去するのに15時間ほどかかる」と予想している。

この日午前7時30分、忠清南道泰安郡沖の海上を航海中だった香港船籍14万6000トン級タンカー「ハーベイスピリット」と某重工業所属の海上クレーンを積載した1万1800トン級艀船が衝突し、タンカー左側のオイルタンク3カ所から1万500キロリットル(8000トン)の原油が海洋に流出し、幅500メートル余・5キロほど広がった。




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年12月07日 16:15
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
JYPが手がけるITZYの新曲
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]