韓国旅行「コネスト」 ドラマ視聴率が混戦状態…ソ・ジソブ「幽霊」、ダークホースとして急浮上。韓国の芸能ニュース
KONEST

ドラマ視聴率が混戦状態…ソ・ジソブ「幽霊」、ダークホースとして急浮上

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
地上派3局による水・木曜日ドラマ競争が混戦様相を見せている。

31日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの「カクシタル」は全国視聴率12.4%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録して同時間帯の視聴率ランキング1位を守った。しかし前回比0・3%ポイント下落して、上昇気流に乗ることができなかった。関心を集めたカクシタルの存在が、シン・ヒョンジュン扮するイ・ガンサンであることが明かされるなどドラマの緊張感を高めたが、視聴者の視線を捕らえるにはもう一歩だった。

同時間帯に放送されたMBC(文化放送)「I DO I DO」も、前回比0.7%ポイン下落し、9.8%を記録して放送2回目にして2桁視聴率は崩れた。キム・ソナのロマコメ演技に「以前とあまり変わらない」「またロマンチックコメディー?」などの反応につながり沈滞した。

一方、SBS(ソウル放送)の「幽霊」は1.3%ポイント上昇した8.9%で、前日の不振を取り返した。

特に「カクシタル」と「I DO I DO」の下落した視聴率分ををそのまま取り込み、今後の展開される地上波3局による視聴率争いで強力なダークホースとして浮上した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年06月01日 16:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]