韓国旅行「コネスト」 サムスン会長が遺産争いに言及「裁判で決着つける」 。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【Klive】1+1で80%OFFのオトクなチャンス!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > サムスン会長が遺産争いに言及「裁判で決着つける」

サムスン会長が遺産争いに言及「裁判で決着つける」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長は17日、父で同グループを創業した故李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の遺産をめぐる兄弟間の訴訟について、徹底的に争う姿勢を示した。

 同グループをめぐる遺産争いについては、秉チョル氏の長男で肥料会社元会長の孟熙(メンヒ)氏が2月に李会長を相手取り、約7200億ウォン(約507億円)の支払いを求める訴訟をソウル中央地裁に起こしている。訴状などによると、秉チョル氏が死去した際、第三者名義で信託していた財産を孟熙氏に知らせずに、李会長が自分名義にしていたという。

 この日、李会長は記者団に対し、「最高裁でなく憲法裁判所まで行くつもりだ。1銭も支払うつもりはない」などとし、法廷闘争で譲歩するつもりがない意向を示した。

 サムスン創業者の遺産をめぐっては、秉チョル氏の次女、淑熙(スクヒ)氏も李会長を相手取り約1900億ウォン(約134億円)相当の株式譲渡を求める訴訟を起こしている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年04月17日 16:20
コネスト関連記事
  • 【うちの社食を紹介します。】三星(サムスン)グループ
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 韓国の保健医療技術 トップ米国とは4.3年差
  • 来月開幕の麗水万博 海洋ロボット館が完工=韓国
  • 韓国の会社員「金持ちの第一条件は親の財力」
  • 韓国訪問の外国人観光客 1~3月期は前年比22%増
  • 春に覆われたソウル汝矣島
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    金正男毒殺、請負殺人の可能性高まる
    韓国映画、正月映画2作がヒット
    韓国の新小学生、ハングル授業が倍に
    サムスン電子、企業イメージ陥落
    韓国大統領選支持率、文氏がトップ
    冬季種目好きな日本、平昌に関心高い
    TWICE、初の単独コンサート開催
    イ・ミンホのファンミに6千人歓声
    倉本裕基、3月来韓コンサート開催
    忠清南道で観光商品を開発
    週間アクセスランキング
    マートに行ったチョン・ジヒョン
    17.02.16
    T.O.P陸軍訓練所入所写真を公開
    17.02.16
    最近流行の韓国女性の化粧法は?
    17.02.17
    韓服姿で卒業式
    17.02.16
    韓国に来た羽生、キム・ヨナ並み...
    17.02.15
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]