韓国旅行「コネスト」 ソウル・南山、光をテーマにした観光名所に。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル・南山、光をテーマにした観光名所に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル29日聯合】ソウル・南山が光をテーマにした観光名所に生まれ変わる。
 ソウル市は29日、今年から2009年までの約3年間実施される南山「光の博物館」プロジェクトの最初の事業として、南山Nソウルタワーにフランスの照明芸術家、アレキサンドレ・コリンカ氏の作品「エレクトロニック・ファイヤー」を設置し、来月31日から稼動すると明らかにした。「出会いの火」がテーマのこの作品は、電子音楽に合わせタワー前の八角亭広場の地面から煙が立ち上がり、タワーの下から上へ徐々に照明を当ててタワーが燃えているかのような演出を施す。市関係者の説明によると、作品で表現される火は韓国の繁栄と韓国人の情熱、信念を象徴しているという。来月31日の除夜の鐘つきの際に初披露され、来年から毎日午後8~11時の毎時8分間、作品鑑賞が可能となる。

 また、八角亭広場にはフランスのセドリック・ルボルニュ氏の作品「光の霊魂」が来月31日まで設置される。人の形に型取られたアルミニウムの造形物が目に見えないワイヤーの上に置かれ、空中で光を放ちながら浮いているように見える。

 市は来年、八角亭広場の進入路や南側循環路に光のギャラリーを造成し、2009年には歩行専用北側循環路や南山図書館、噴水台広場などに多様な照明作品を設置する計画だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年11月29日 19:39
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]