韓国旅行「コネスト」 “幽霊粒子”3番目の秘密、韓国も解いた…世界で2番目。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

“幽霊粒子”3番目の秘密、韓国も解いた…世界で2番目

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
宇宙の‘幽霊粒子’ニュートリノ(中性微子)は、まだ解けない秘密が多い神秘の宇宙基本粒子だ。その種類は3種類だが、それぞれ一定の比率でお互い変換(変換定数)することが知られているだけで、その質量も分かっていない。

韓国の科学者がニュートリノ3種類の変換定数のうち、最後に残った定数を中国に次いで世界で2番目に解いた。ソウル大物理天文学部の金修奉(キム・スボン)教授を研究責任者として、12大学・35人で構成された「RENO(リノ)」研究チームは、ニュートリノの3番目の変換定数が10.3%で、これは10億回に2回ほど異なる確率という高い正確度で出てきたと3日、明らかにした。ニュートリノ10個のうち1.03個が他のニュートリノに変換するということだ。

先月初め韓国チームが測定したのと同じ変換定数を発表した中国の数値は9.2%で、正確度は1000万回に6回ほど異なる確率だった。韓国は3週ほど遅く結果を発表したが、中国に比べて正確度が高い変換定数を測定したと評価されている。

世界の粒子物理学界は、ニュートリノの3種類の変換定数のうち2種類を90年代に日本研究チームがそれぞれ100%と80%と発表した後、最後に残った定数を求めようと激しい競争を繰り広げてきた。

韓国研究チームはその解答を、全羅南道(チョンラナムド)霊光(ヨングァン)原発の原子炉から出る電子ニュートリノから見つけ出した。研究チームは116億ウォン(約9億円)を投じて原子炉の中心から290メートル離れた地点の地下と1380メートル離れた地点の地下にそれぞれニュートリノ検出器を昨年8月に設置した後、稼働に入った。その後、まず原子炉から出たニュートリノを近距離の検出器で数え、遠距離の検出器ではその距離を飛来しながらも変わらないニュートリノの数を把握し、変換率を計算した。

◇ニュートリノ=電子ニュートリノ、ミューニュートリノ、タウニュートリノの3種類がある。太陽の核融合や原子炉の核分裂などで作られる。一日に数兆個が人体を通過しても、いかなる現象が表れないほど他の物質と反応をしない。このため「幽霊粒子」と呼ばれる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年04月04日 12:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
カカオ日、韓国に漫画制作子会社設立
ベクヒョンのミニアルバム、ミリオン
韓国の新規コロナ感染者532人
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]