韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>2AMが新譜「フィッツジェラルドの感性を込めた」 。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>2AMが新譜「フィッツジェラルドの感性を込めた」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】甘いハーモニーで多くのファンの心をつかむボーカルグループの2AMが、ニューミニアルバム「フィッツジェラルド式愛の物語」(原題)をリリースした。2010年10月のファーストアルバムから1年5カ月ぶりの新譜発売にあたり、ソウル市内で13日、マスコミ向け懇談会が開かれた。

 一風変わったタイトルだが、メンバーらは「一回り成長した姿を見せようと、スコット・フィッツジェラルドの小説をモチーフにアルバムをつくった」と紹介した。

 メンバー自身も、プロデューサーから説明された時はピンとこなかったようだが、フィッツジェラルドの小説を読み、その感性をくみ取った。チョグォンは「これまで歌ってきた曲の歌詞は、ストレートに感情を表現するような感じだった。新譜の歌は小説『グレート・ギャツビー』のギャツビーに似ている。別れた後も、表には痛みを見せず、心の中で苦しみ続ける感じ」と説明した。

 アルバムは、タイトル曲「君も僕のように」をはじめ計6曲を収録。歌手フィソン作詞の「僕のものだったのに」も含め、ほとんどが別れの痛みを切々と伝える。唯一、メンバーのチャンミンが作詞作曲した「愛してる、愛してる」は、結婚式でのお祝いとして、またファンのために歌うための曲に仕上がった。

 これまでR&Bやダンスなどもこなしてきたが、今回はバラード曲だけで編成されている。「私たちができることのうち、一番うまくできることを見せたかった」とジヌン。2AMだけのカラーをしっかり印象付けようという覚悟がにじんでいる。さまざまなアーティストと一緒に作業し、楽曲だけでなく、スタイルやコンセプトにも気を配った。その結果、「『一回り成長した』と自信を持って言えるのではないか」(スロン)。

 「1年半の間は個人活動が多く、それぞれ忙しかったが、それでもやはり、一番力を得られるのは2AMとして活動するときではないかと思う」(チャンミン)と、2AMでの活動に意欲を見せた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年03月14日 10:09
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]