韓国旅行「コネスト」 福島はさびしくない…韓日の作家のあたたかい視線=ソウル。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

福島はさびしくない…韓日の作家のあたたかい視線=ソウル

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大災害の現場で芸術は何をすることができるだろうか。どのようにこの絶望を創造のエネルギーに変えることができるだろうか。

昨年3月11日の東日本大震災後、韓日の多くの芸術家が被害地域を訪れた。写真家のパク・ジンヨン氏は大地震後に宮城県を訪れた。津波が押し寄せ去っていった地面には持ち主のない写真が散らばっており、人々はそれを拾い集め水で洗っていた。なにもかもなくした彼らに作家が「いま最も探したいものは何か」と尋ねると、一様に帰ってきた返事は「家族写真1枚」だった。彼の個展「写真の道-宮城県でアルバムを拾う」が13日までソウル・新沙洞(シンサドン)のアトリエエルメスで開かれる。

ソウル・昭格洞(ソギョクドン)のアート善載(ソンジェ)センターでは27日まで「つくることが生きること-東日本大震災復興支援プロジェクト展・ソウル展」が開かれている。東京芸術大学の中村政人准教授の「わわプロジェクト」についての記録を盛り込んだメディア展示だ。芸術家400人が参加し再起のために奮闘する被害地域住民に対するドキュメンタリーを作った。また「仮設住宅ぐらし」「心の治癒」など再起のためのアイデアを提供する新聞を発行した。

15日にはソウル・永登浦洞(ヨンドゥンポドン)のハジャセンターでドキュメンタリー「Light up Nippon」上映会と「文化芸術に再起する社会の記録」シンポジウムを開く。ドキュメンタリーは大震災後に東京の20~30代若い会社員が被害地域10カ所で犠牲者らを追慕し回復の祈願を込め花火を打ち上げたプロジェクトに対する記録だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年03月13日 09:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
コロナ感染者 再び400人下回る
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
元B.A.Pメンバーセクハラで実刑
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
エアソウルが高松・米子上空巡る飛行
コロナ最前線の医療陣に賃金未払い
ヒョナ 校内暴力の疑惑を否定
済州島の人気展示館 ソウルにも開業
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
2,30代「ワクチン後もマスク」
21.02.19
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]