韓国旅行「コネスト」 福島はさびしくない…韓日の作家のあたたかい視線=ソウル。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【Klive】1+1で80%OFFのオトクなチャンス!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 福島はさびしくない…韓日の作家のあたたかい視線=ソウル

福島はさびしくない…韓日の作家のあたたかい視線=ソウル

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大災害の現場で芸術は何をすることができるだろうか。どのようにこの絶望を創造のエネルギーに変えることができるだろうか。

昨年3月11日の東日本大震災後、韓日の多くの芸術家が被害地域を訪れた。写真家のパク・ジンヨン氏は大地震後に宮城県を訪れた。津波が押し寄せ去っていった地面には持ち主のない写真が散らばっており、人々はそれを拾い集め水で洗っていた。なにもかもなくした彼らに作家が「いま最も探したいものは何か」と尋ねると、一様に帰ってきた返事は「家族写真1枚」だった。彼の個展「写真の道-宮城県でアルバムを拾う」が13日までソウル・新沙洞(シンサドン)のアトリエエルメスで開かれる。

ソウル・昭格洞(ソギョクドン)のアート善載(ソンジェ)センターでは27日まで「つくることが生きること-東日本大震災復興支援プロジェクト展・ソウル展」が開かれている。東京芸術大学の中村政人准教授の「わわプロジェクト」についての記録を盛り込んだメディア展示だ。芸術家400人が参加し再起のために奮闘する被害地域住民に対するドキュメンタリーを作った。また「仮設住宅ぐらし」「心の治癒」など再起のためのアイデアを提供する新聞を発行した。

15日にはソウル・永登浦洞(ヨンドゥンポドン)のハジャセンターでドキュメンタリー「Light up Nippon」上映会と「文化芸術に再起する社会の記録」シンポジウムを開く。ドキュメンタリーは大震災後に東京の20~30代若い会社員が被害地域10カ所で犠牲者らを追慕し回復の祈願を込め花火を打ち上げたプロジェクトに対する記録だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年03月13日 09:57
コネスト関連記事
  • 【NOW!ソウル】復興に向けて生きる「顔」
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 韓国、4年連続「インターネット監視国」の屈辱
  • 韓国中年女性3人、世界最高難易度フィッツロイ登頂…アジア女性チーム初
  • 春の訪れを待つ若い苗木=韓国
  • 釜山センタムを訪れた日本人女性「すごい」感嘆
  • 韓国求職者の希望年収 約217万円
  • 関連記事
  • 韓国でミネラルウォーターが品薄、東日本大震災の影響か
  • 東日本大震災から3カ月、ごみの山に咲き始める希望
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ベルリン映画祭 女優賞にキム・ミニ
    札幌冬季アジア大会スノーボードで金
    土曜ろうそく集会と太極旗集会が開催
    サムスン副会長、取り調べ
    平昌の特選料理50店で提供へ
    少子化克服に向け協約
    金正男毒殺事件、北朝鮮国籍の男逮捕
    TWICE 20日にアルバム発売
    弾劾審理 朴大統領出席なら質問可能
    韓国海上運送収支が昨年初の赤字
    週間アクセスランキング
    マートに行ったチョン・ジヒョン
    17.02.16
    T.O.P陸軍訓練所入所写真を公開
    17.02.16
    最近流行の韓国女性の化粧法は?
    17.02.17
    チャン・ヒョクがファンミで握手...
    17.02.13
    韓服姿で卒業式
    17.02.16
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]