韓国旅行「コネスト」 慰安婦支援団体 日本政府に法的責任求める=韓国 。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
KORAIL PASSと共に韓国各地を満喫しよう!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 慰安婦支援団体 日本政府に法的責任求める=韓国

慰安婦支援団体 日本政府に法的責任求める=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の従軍慰安婦にされた女性らを支援する市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は4日に声明を出し、同問題に対する国の責任を否定する日本政府を非難し、法的責任を認めるよう促した。

 挺対協は先月28~29日、在韓日本大使館関係者が2007年に解散した「女性のためのアジア平和国民基金」の関係者や3人の被害者と会合を開いたことを指摘。基金の追加措置が密かに進められていたことについて、「驚きを禁じ得ない。被害者の要求を受け入れるどころか、追加対策として見せつけるための活動を継続することに憤りを感じる」と非難した。

 日本政府は1995年、慰安婦被害者に賠償金を支払うため、官民合同で同基金を設立した。だが、「日本政府の責任回避の手段」との批判が出て、受け取りを拒否する被害者が相次ぎ、2007年に解散した。

 挺対協は同基金について、「慰安婦犯罪に対する日本政府と軍の介入を不定する姿勢を如実に表している。一種の『慰労金』で『補償に代わる措置』にすぎない」と指摘し、日本政府の公式な謝罪と賠償を求めた。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年03月05日 10:47
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 返還された外圭章閣図書そのままに…王の婚礼を再現=韓国
  • ソウル市があす緊急救助総合訓練 核サミット控え
  • 韓国で「週5日授業制」全面実施…日本やフランスは?
  • 「一緒に泣いて」 韓国で脱北者支援コンサート
  • 韓国人4人 「アジアで影響力あるビジネスウーマン」に
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    1500万円の世界一周、ソウルから
    ガールズグループSISTARが解散
    女優キム・テヒが妊娠15週目
    U-20W杯、韓国がアルゼンチンと
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    iKONのPV400万ビュー突破
    朴前大統領が地裁に出廷=初公判
    釜山市が福岡で観光説明会
    日本就職サイトがリニューアル
    防弾少年団、米ビルボードで受賞
    週間アクセスランキング
    イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
    17.05.19
    俳優カップル2年交際から22日結...
    17.05.22
    外国人が選ぶ「韓国人の独特な行...
    17.05.17
    ソン・ジュンギ、億戸建てを購入
    17.05.18
    Apinkチョン・ウンジの体型話題
    17.05.23
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]