韓国旅行「コネスト」 サムスン遺産騒動 創業者の次女も現会長提訴 。韓国の経済ニュース
KONEST

サムスン遺産騒動 創業者の次女も現会長提訴

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】サムスングループの創業者、故李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の次女、李淑熙(イ・スクヒ)氏が、同グループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長を相手に遺産相続分として1900億ウォン(約137億円)の株式譲渡を求める訴訟を起こした。

 淑熙氏は健熙会長の姉で、LGグループ創業者の次男でアワーホーム会長の具滋学(グ・ジャハク)氏の夫人でもある。

 秉チョル氏の長男で第一肥料前会長の孟熙(メンヒ)氏も同様の訴訟を起こしており、今後他の兄弟の訴訟にも発展する可能性があり、注目が集まる。

 法務法人和友の関係者は28日、「淑熙氏の代理としてソウル中央地方法院(地裁に相当)に提訴した」と明らかにした。

 淑熙氏側は訴状で、「先代の会長が他界した際、第三者名義で所有していたサムスン生命、サムスン電子の株式が相続人らに包括的に相続されたのに、健熙会長がこれを単独で相続したため法定相続分に従って株式を返還すべき」と主張している。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年02月28日 10:15
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]