韓国旅行「コネスト」 <ピープル>マイケル・ホンダ議員が「ナヌムの家」訪問。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

<ピープル>マイケル・ホンダ議員が「ナヌムの家」訪問

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
米下院の日本軍慰安婦決議案採択の主役である日系3世マイク・ホンダ議員(民主)が26日、京畿道広州市(キョンギド・クァンジュシ)にある「ナヌムの家」を訪問した。

「ナヌムの家」には元慰安婦の女性9人が暮らしている。 ホンダ議員は5人の元慰安婦と会ってあいさつを交わし、食事を一緒にした。

ホンダ議員は「慰安婦決議案の通過は、北東アジアの平和のために日本がこれまでとは違う考え方をすべきだということを日本政府に伝えたという点で大きな意味がある」とし、「国際社会や市民団体とともに日本が世界の平和に寄与できるように圧力を加え続け、良い結果が得られるよう努力する」と付け加えた。

元慰安婦のカン・インチュルさんは「ホンダ議員が最後まで関心を持って慰安婦問題に決着をつけてくれることを希望する」と語った。

ホンダ議員はこの日、「ナヌムの家」で暮らす女性らを「ヌニム(お姉様)」と呼びながら親近感を表した。 ホンダ議員は食事の後、「ナヌムの家」内にある「日本軍慰安婦歴史館」を見回った。

これに先立ちホンダ議員はソウルプレスセンターで記者会見を行い、「大勢の人が『日本人なのにどうしてこういう活動をするのか』と尋ねてくるが、その度に『慰安婦問題は国境や国籍の問題ではなく、人間の問題だ』と答えている」と説明した。 さらに「日本政府は正式に慰安婦制度の問題点を認識し、後世に正しく教えなければならない」と強調した。

ホンダ議員は27日に国会統一外交通商委員会の懇談会と市民団体の座談会に出席し、28日に延世(ヨンセ)大で講演を行った後、出国する。

鄭泳鎮(チョン・ヨンジン)記者

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年11月26日 16:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]