韓国旅行「コネスト」 俳優イ・ジュンギ、軍服務中の“営利活動”で物議…国防部「懲戒の可能性も」。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優イ・ジュンギ、軍服務中の“営利活動”で物議…国防部「懲戒の可能性も」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
 軍服務中の俳優イ・ジュンギが、除隊後に準備しているファンミーティングをキャンセルする可能性があると明かした。

イ・ジュンギは2010年5月に入隊後、国防部の勤務支援団広報支援隊に入り、今月16日の除隊を控えている。復帰の申告は、除隊と当時に行われる予定。同日、ソウル鐘路区弘智洞(チョンノグ・ホンジドン)の祥明(サンミョン)アートセンターでファンミーティングを開催し、ファンと再会する計画だ。しかし、このファンミーティングが問題になった。チケット価格3万ウォン(約2100円)の有料ファンミーティングであるためだ。国防部の広報支援隊所属のイ・ジュンギがチケット販売に関与している場合、これは明白な「軍服務中の営利活動」に該当する。イ・ジュンギの所属事務所IMXは、先月「イ・ジュンギの除隊を記念するファンミーティングが全席完売」との報道資料まで出していた。

論議が起きると、国防部の関係者は13日、韓国の日刊スポーツとの電話インタビューで「イ・ジュンギが、ファンミーティングの有料チケット販売のことは全く知らなかったと話している。万一、このような有料販売が事実として確認された場合、ファンミーティングをキャンセルするという立場を伝えてきた」と伝えた。

しかし、最近休暇中のイ・ジュンギは、有料ファンミーティングのことを知らなかった可能性は低い。実際に、イ・ジュンギは10日に休暇に出て、ソウルのあるスタジオでシングルのレコーディングを行っている。この曲は、3月に日本で開かれる有料ファンミーティングで公開される予定だ。除隊とともに行われる自身のファンミーティングに関心が多かったことが分かる話だ。

国防部の関係者は「事実が確認された場合、懲戒が下る可能性もある。しかし、イ・ジュンギの除隊が3日しか残っていない。除隊後も懲戒が可能なのか確認しなくてはならない」と話した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年02月13日 16:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]