韓国旅行「コネスト」 パク・ジニョン、盗作訴訟で敗訴…「直ちに控訴する」。韓国の芸能ニュース
KONEST

パク・ジニョン、盗作訴訟で敗訴…「直ちに控訴する」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

盗作訴訟で敗訴となった歌手でプロデューサーのパク・ジニョンが控訴する意志を明らかにした。

パク・ジニョンは10日午後、ソウル瑞草区瑞草洞(ソチョグ・ソチョドン)のソウル中央地方裁判所で開かれた宣告公判で敗訴となった。この結果を不服として、パク・ジニョンは直ちに控訴する姿勢を見せた。

公判後、パク・ジニョンが代表を務めるJYPエンターテンイメントは報道資料を出して、「原告のキム・シニル氏が独創的だと主張する調和数列は、パク・ジニョンが先にg.o.d.の曲『0%』で使っている。その後、またRain(ピ)の『Move on』でも使った」と説明した。続いて「パク・ジニョンは、本人の作品に使った調和数列とメロディーパターンを使って新しい曲を創作した。盗作では絶対ない」と主張した。

これに先立ち裁判部は「被告パク・ジニョンの歌『Someday』の中で、4節が原告キム・シニルの曲『私の男へ』と非常に似ている。原告に2次著作権侵害が発生し、被告は原告に2167万ウォン(約150万円)を賠償せよ」とする原告の部分勝訴判決を下した。

続いて「2つの曲のリフレーン4節の音調、和音、リズムが似ている。『私の男へ』が、正式に発売されて地上波放送に出たため、パク・ジニョンが抽象的でも近付いた可能性がある」とした。

作曲家のキム・シニルは昨年7月、パク・ジニョンを相手取って1億1000万ウォン(約800万円)の損害賠償請求訴訟を起こした。しかし、裁判部はパク・ジニョンが全曲ではなくリフレーンの一部だけを盗作したとして2167万ウォンだけを認めた。

パク・ジニョンは裁判後、自身のミートゥデイ(韓国版ツイッター)に「とてももどかしい。私は『私の男へ』という曲を一度だって聞いたことがない。一度も聞いたことのない曲を私が盗作したなんて…気を取り直してもう一度ぶつかって見るつもりだ」と伝えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年02月10日 16:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]