韓国旅行「コネスト」 崇礼門火災から4年 年末にも復元完了の見通し。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

崇礼門火災から4年 年末にも復元完了の見通し

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】国宝第1号に指定されている崇礼門(南大門)の楼閣部分が放火で焼失してから、間もなく4年になる。2008年2月10日午後8時40分ごろに発生した火災は、約5時間後の翌日午前1時54分、楼閣を崩壊させた。

 その現場を見た人なら誰でも、いつになったら崇礼門の威容を再び見ることができるだろうかと残念に思ったに違いないが、復元に向けた工事は最終段階に差し掛かっている。

 崇礼門復元事業の団長を務める文化財庁のチェ・ジョンドク文化財保存局長は6日、復元作業は70%ほど完了しており、現在は楼閣2階の木工事が進められていると説明、予定の期間内に復元を終えられるとの見方を示した。

 復元工事の完了は12月13日を予定している。木工事が終われば瓦を取り付け、内部と外部の彩色を終えた後に囲いを取り外す。

 現在、物議を醸しているのは「崇礼門火災展示館」の建立問題だ。文化財庁とソウル市は、展示館の必要性は認めながらも、予算の負担割合をめぐり駆け引きを続けている。文化財庁は、政府が3、ソウル市が7の割合で負担すべきだとしている。「他地域の遺跡展示館と同様に3対7にすべき」というのが、文化財庁の主張だ。一方、ソウル市は折半を主張している。

 崇礼門が火災に遭った2月10日は「文化財防災の日」に指定されており、今年は文化遺産の防災に関する国際シンポジウム、重要文化財に対する合同消防訓練、安全点検などが実施される。

 9日に国立古宮博物館で開催される国際シンポジウムでは、「気候変化と文化遺産」をテーマに国内外専門家の発表や討論が行われる。東京文化財研究所の石﨑武志副所長、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)危機管理対応委員会のダイアン・ダグラス委員らが出席し、気候変動が文化遺産に及ぼす影響や国際社会の対応事例を紹介する予定だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2012年02月06日 16:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]