韓国旅行「コネスト」 韓国は“4落”社会…公正・包容・安全・創意性が問題。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国は“4落”社会…公正・包容・安全・創意性が問題

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国社会が表面上はともかく、質的には落第という評価が出てきた。公正でなく、包容的でなく、安全でなく、創意的でないという分析だ。2020年には概して平均以上に改善されるだろうという見方が強い。しかし公正性に関してはその時でもまだ落第点という。

崔恒ソプ(チェ・ハンソプ)国民大教授(社会学)ら19人の研究陣は19日、「韓国社会の質的水準向上のための未来研究」で、このように明らかにした。この研究は企画財政部が未来戦略を立てるために依頼したものだ。研究陣は49人の各分野専門家に深層面接し、社会水準を点数化した。満点は10点で、5点なら経済の発展に相応した社会水準を意味する。

報告書によると、2011年の韓国社会の公正性は3.61点だった。4大調査分野のうち最低だ。細部的には政府と財界関係の透明性(2.5点)、学閥の公正性(2.57点)、指導層決定の公正性(2.6点)が低い点数を受けた。指導層の遵法水準に対する評価は3.81点だった。報告書は、8年後も公正性は大幅改善(予想点数4.92点)は難しいと予想した。

昨年の韓国社会の包容性に対する評価は3.98点だった。細部項目では政府が国民の意見をまとめる程度が3.1点で最低だった。欧米人に対しては包容的だが、東南アジア人に対しては排他的だった。脱北者・朝鮮族に対する包容度(3.79点)は東南アジア人に対する態度(3.36点)をやや上回る程度だった。しかし2020年には脱北者・朝鮮族に対する包容度(5.21点)が東南アジア人(5.48点)を下回るという展望だ。

安全性は平均4.1点だった。低出産・高齢化への対応が特に不足していると指摘された。創意性の点数は4.23点で4大分野のうち最も高かった。映画・大衆音楽・技術分野の創意性が高いという評価のためだ。

崔恒ソプ教授は「韓国社会の未来志向は個人が『この社会に暮らすのが幸せ』と感じる社会でなければならない。そのために公正性を高めるのが最も重要だ」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年01月20日 09:19
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]