韓国旅行「コネスト」 韓国サッカー協会、ナイキと8年・1200億ウォンで契約(1)。韓国のスポーツニュース
KONEST

韓国サッカー協会、ナイキと8年・1200億ウォンで契約(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 8年間1200億ウォン(約80億円)。大韓民国スポーツ史で最も金額が大きいサプライヤー契約が成立した。サッカー協会のマーケティングの勝利か、それともナイキのギャンブルか。

大韓サッカー協会(会長、趙重衍)は13日、ナイキコリアと8年間で1200億ウォン(現金600億ウォン+物品600億ウォン)を受けるサッカー韓国代表チーム後援再契約を結んだ。

サッカー協会は今年から2019年まで、毎年、現金75億ウォンとサッカー用品75億ウォン分の支援を受ける。ナイキは今回の契約で、96年から24年間、サッカー協会と独占的な後援関係を継続することになった。

◇なぜ8年の長期契約?=その間、サッカー協会とナイキは2年-5年-5年-4年単位で契約してきた。サッカー協会のイ・ヘドゥ事業局長は「用品会社との長期契約は世界的な傾向。日本もアディダスと8年契約をしたと聞いている」とし「財政を安定的に確保するのが協会運営に大きく役立つ」と述べた。ナイキは昨年、フランス代表チームと8年契約をした。

サッカー協会としては、2014年ブラジルワールドカップ(W杯)、2018年ロシアW杯本大会への進出に関係なく、安定した収入源を確保することになった。ナイキも長期的かつ多様なマーケティングを計画でき、頻繁な再契約の負担を減らすことになった。

その結果、韓国国内のスポーツ団体の契約では初めて1000億ウォンを超えた。サッカー協会はナイキと08-11年、4年間で490億ウォン(現金250億ウォン+物品240億ウォン)の契約をしていた。契約期間を2倍に増やし、後援支援金も従来より200億ウォン以上増えたということだ。現金支援も年間62億5000万ウォンから12億5000万ウォン増の75億ウォンとなった。

◇趙広来監督交代と関係か=昨年12月に趙広来(チョ・グァンレ)前韓国代表監督の交代過程で「スポンサー外圧」波紋が広がった。 昨年9月初め、大型契約を締めくくり、発表だけを残した時点で、趙広来監督が率いるA代表チームが相次いで拙戦を見せた。 2月29日のクウェート戦に敗れば、2014年ブラジルW杯は逃す。 ナイキとしては非常に大きな損失となる。実際、ナイキ本社はかなり焦っていたという。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2012年01月16日 14:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]