韓国旅行「コネスト」 <ショートトラック>アン・ヒョンスがロシアに帰化…韓国国籍を喪失。韓国のスポーツニュース
KONEST

<ショートトラック>アン・ヒョンスがロシアに帰化…韓国国籍を喪失

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
もう国際ショートトラックの舞台で‘アン・ヒョンス’はいない。

ロシアスケート連盟は29日、インターネットホームページで、「メドベージェフ・ロシア大統領が韓国出身のショートトラック選手アン・ヒョンス(26)にロシア国籍を認める大統領令に署名した」と発表した。

‘ショートトラック皇帝’アン・ヒョンスが韓国国籍を完全に喪失し、ロシア代表選手になったということだ。アン・ヒョンスは来年1月にロシアの旅券を受ける予定だ。アン・ヒョンスは旧ソ連時代の人気ロック歌手だった高麗人「ビクトール・チェ」の名前にちなんで、ロシア名を「ビクトール・アン」に決めた。

ロシアスケート連盟は「アン・ヒョンスが『公式的にロシア国民になってうれしい。この瞬間を長く待ち望んできた。もう形式的な問題で悩む必要がなくなり、スケートに専念できるようになった』と満足感を表した」と伝えた。

アン・ヒョンスは今後、ロシア代表選手として国際大会に参加でき、ロシア国内大会ではモスクワ代表選手として出場する。

アン・ヒョンスは06年トリノ冬季オリンピック(五輪)当時、ショートトラックで3冠王になった。03年から07年までショートトラック世界選手権大会で男子選手では初めて5年連続の優勝を果たし、‘ショートトラック皇帝’と呼ばれた。

しかしアン・ヒョンスは08年からは膝のけがに苦しみ、2010年バンクーバー冬季五輪には出場できなかった。また父のアン・ギウォンさんは06年、「アン・ヒョンスは韓国体育大-非韓国体育大の派閥争いの犠牲」と主張し、スケート界に波紋を起こした。さらに今年初め所属チームの城南(ソンナム)市庁スケートチーム解体でアン・ヒョンスが無籍選手になり、韓国国家代表選抜戦でも脱落し、試練の歳月を送った。結局、アン・ヒョンスはショートトラックに打ち込めるロシア行きを選んだ。

アン・ヒョンスがロシア代表で初めて出場する大会は、来年1月27日からチェコで開催される欧州選手権になる見通しだ。ロシアスケート連盟のクラフチョフ会長も「アン・ヒョンスが欧州選手権でロシア代表選手としてデビューすることを期待する」と述べた。

アン・ヒョンスが韓国選手と初めて対戦する大会は来年2月3日からモスクワで開催されるショートトラックW杯第5戦になるとみられる。アン・ヒョンスの最終目標は、新しい祖国になったロシアで開催される2014ソチ冬季オリンピック(五輪)で金メダルを獲得することだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月29日 12:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]