韓国旅行「コネスト」 <サッカー>前韓国代表監督「選手選抜に外圧あった」。韓国のスポーツニュース
KONEST

<サッカー>前韓国代表監督「選手選抜に外圧あった」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「昨今の状況は韓国サッカーの危機ではない。 大韓サッカー協会の危機にすぎない。 もうサッカー協会も合理的な組織に変わらなければいけない」。

最近、指揮官から退いた趙広来(チョ・グァンレ)前韓国サッカー代表監督(57)が、大韓サッカー協会に忠告した。 後任者として指揮棒を握るチェ・ガンヒ監督に助言するためだ。

26日、ソウル江南(カンナム)のあるホテルで取材陣と会った趙監督は「サッカー代表が良い成績を出せば、サッカー協会が指導者に対して全幅的に力を与えるべきだ」とし「私が指揮棒を握っていた期間中、サッカー協会の幹部から特定選手を選んでほしいと外圧を受けた。 前任者に対しても似たようなことがあったと聞いた。 国内組の指導者が選任される度にこういうことが繰り返されるなら、誰が所信を持って代表チームを率いることができるのか」と語った。

趙監督は「協会幹部の要求を拒否した後、代表チームの運営に対する支援がきちんと行われなかった」とし「組別リーグの相手であるレバノンとクウェートの戦力分析要請を拒否され、中東アウェー2連戦を控えて選手エントリーを1、2人増やすことも結局は実現しなかった」と伝えた。

趙監督は「さまざまなチャンネルを通して、該当選手のコンディションを分析したが、代表チームに選抜するほどではないという結論を出した」とし「サッカー協会との関係のために要求を受け入れることも可能だったが、指導者として良心を捨てたくなかった」と付け加えた。

趙監督は「監督を更迭することだけが勇気ではない。 韓国サッカーの成長と発展に寄与できなければ、サッカー協会を率いている先輩たちが若くて有能な後輩たちに席を譲る決断も必要だと考える」と声を高めた。

趙広来監督は「新しく就任したチェ・ガンヒ監督がしっかりと代表チームを率いることができるように、心の中にしまっておこうと考えていた話を取り出した」と明らかにし、「まだ気持ちは落ち着いていないが、サッカーを愛する心で勇気を出した」と今回の発言の趣旨を説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月26日 14:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者614人
12日から施設内マスク常時着用義務
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
首都圏でコロナ検査強化の行政命令へ
LINE ジスとキャラクター開発
5人以上の集まり禁止3週間延長
BTS MV再生9億回超4作目
ソウル市 月2で肉無し学校給食
韓国サッカー FIFA順位下がる
AZ製ワクチン 接種見合わせ
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
「重版出来!」韓国版ヒロイン決まる
21.04.05
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]