韓国旅行「コネスト」 「860ウォンで139キロ走る韓国初の電気自動車「レイEV」。韓国の経済ニュース
KONEST

「860ウォンで139キロ走る韓国初の電気自動車「レイEV」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国初の量産型電気自動車、起亜(キア)自動車の「レイ(RAY)EV」が22日に公開された。

起亜車はこの日、京畿道華城(キョンギド・ファソン)の現代・起亜車ナムヤン技術研究所で「レイEV」発表会を開いた。「レイEV」は先月発売したミニCUV(クロスオーバー車)「レイ」に、50kW電気モーターと16.4kWhリチウムイオンバッテリーを搭載した高速電気自動車。

高速電気自動車とは時速100キロ以上で走る電気自動車をいう。「レイEV」の最高速度は時速130キロ。一度の充電で139キロ走行できる。深夜電気料金基準で完全充電するのに1回860ウォン(約60円)程度。1カ月に2000キロ走る場合、維持費は1万2400ウォンという計算になる。ガソリン車と長さと幅は同じで、高さはバッテリーのために10ミリ高くなった。

起亜車は昨年、高速電気自動車「ブルーオン(BuleOn)」を発表した。電気自動車コンセプトカーとして250台だけが製作され、公共機関に販売された。起亜車は来年末までに2500台の「レイEV」を生産し、政府および公共機関を中心に普及させる予定だ。現代・起亜車は2014年に「ソウル」(起亜)の電気自動車を、2015年にはセダン級(現代)の電気自動車を出す計画という。

問題は価格だ。政府が21日に発表した内容によると、「レイEV」の価格を4500万ウォン(約320万円)と仮定する場合、補助金は410万ウォン程度となる。「ブルーオン」の価格は約5000万ウォン。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月23日 11:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]