韓国旅行「コネスト」 金総書記死去後の韓国経済、北朝鮮より欧州情勢に敏感に反応。韓国の経済ニュース
KONEST

金総書記死去後の韓国経済、北朝鮮より欧州情勢に敏感に反応

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
KOSPI指数が21日、55.35ポイント(3.09%)上昇し金正日(キム・ジョンイル)総書記死去以前の水準を回復した。急落したウォンもやはり大きく上昇し、1ドル=1150ウォン台に戻った。米国とドイツで好転した経済指標が発表され北朝鮮イシューを押し出したのだ。

過去にも市場は北朝鮮リスクより欧州や先進国の景気状況に敏感な反応を見せた。金正日死去当日のKOSPI指数63.03ポイントの急落は下げ幅で見ると今年に入って10番目にとどまった。株価を最も多く落とした材料は1~9位がすべてユーロ圏の財政危機関連だった。現代証券リサーチセンター長のオ・ソンジン氏は、「今年に入って証券市場を急落させた主犯は欧州財政危機だった。政治的変数は企業利益などに影響を与えないが、ユーロ圏の危機は輸出に悪影響を与えかねないために市場を大きく動かす」と説明した。

実際にサムスン電子など大手上場企業は来年の経営で北朝鮮の変数は主要考慮対象と見なくなっている。むしろ欧州圏の財政危機をはるかに深刻に認識している。現在進行中の対北朝鮮事業がない企業ならば北朝鮮イシューは経営と関係がないためだ。しかしユーロ圏の財政危機は為替相場の急変などにより企業に大きな衝撃を与える恐れがある。サムスン電子関係者は、「北朝鮮変数は考慮対象でない。ユーロ圏の財政危機シナリオにより経営計画を立てるだろう」と話した。現代(ヒョンデ)自動車関係者も、「北朝鮮変数が直ちに企業に及ぼす影響はない。欧州の経済危機を最も重要に考慮している」と説明した。現代重工業関係者は、「輸出比率が90%であるだけに欧州の景気を注意深く見守っている」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月22日 12:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]