韓国旅行「コネスト」 女優ソン・へギョ、ジョン・ウー監督の次回作のヒロインに。韓国の芸能ニュース
KONEST

女優ソン・へギョ、ジョン・ウー監督の次回作のヒロインに

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
トップスターのソン・へギョが世界的な名監督のジョン・ウー(呉宇森)監督とまた会う。映画情報に詳しい関係者によると、ソン・へギョが次作での映画「生死恋」(仮題)の女主人公で出演するという。

「生死恋」は当初、「1949」として紹介された作品。08年に仏カンヌでソン・へギョがジョン・ウー監督と会って制作発表会を開き、韓国国内にも伝えられた。トップスターと名監督、そして予想外の場所での‘サプライズ’イベントで、大きな話題になった。しかし発表1年後にジョン・ウー監督の降板と制作中止が伝えられ、ソン・へギョやファンを失望させた。

ジョン・ウー監督は説明する必要がない名匠だ。90年代最高の香港映画「男たちの挽歌」をはじめ、ハリウッドの「フェイス/オフ 」(97)、「ミッション:インポッシブル2」(00)、「ペイチェック 消された記憶」(03)などを制作、演出した監督。

発表から3年、ソン・へギョとジョン・ウー監督、そして有名制作者テレンス・チャン(張家振)がまた集まった。テレンス・チャンはソン・へギョのアジアおよび海外市場マネジメントも担当している。ソン・へギョのために「生死恋」以外の作品も準備中だ。

「生死恋」は中国激動の時代、1930年代の上海を背景にしている。裕福な金融街で生まれた女性が60年間の歳月、時代の痛みと呼吸しながら変化する過程を描いている。ソン・へギョは主人公を演じ、現代的で自由な女性から成熟した賢明なキャラクターまで見せる。すべて中国語で演技する。

「生死恋」側は制作中止から2年間、切歯腐心しながら準備し、ソン・へギョの清楚ながらも洗練されたイメージに引かれてキャスティングをあきらめなかったという。撮影は来年初めから中国・上海や台湾などで始まる予定。このためソン・へギョは今月中に出国する。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年12月19日 10:45
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
中小企業44%が「コロナで二極化」
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]